일본학 31집

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "일본학 31집"

Transcription

1 ISSN 第 33 輯

2

3 第 33 輯 차 례 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 : 前 近 代 韓 国 との 対 比 研 究 の 方 向 性 を 念 頭 に 置 いて 片 岡 龍 1 류큐( 琉 球 )왕국(오키나와)의 의사 결정체계에 관한 고찰 鄭 夏 美 21 도정( 道 程 ) 이후 시편 연구 金 文 鳳 37 日 本 語 における 談 話 標 識 ナンカ の 世 代 別 使 用 様 相 琴 鍾 愛 65 韓 ㆍ 日 漢 語 動 詞 의 諸 相 : 文 法 化 를 중심으로 金 庚 洙 81 韓 ㆍ 日 両 言 語 の 翻 訳 に 見 られる てしまう と 어 버리다 の 対 応 関 係 について 金 京 姙 107 否 定 疑 問 文 に 用 いられる よ : 非 難 表 明 を 中 心 に 金 玉 任 131 일본어역할어와 한국어역할어의 이미지 이이슬ㆍ이길용 147 배우자에 대한 언어행동의 한일 대조 연구: 양성불평등적인 입장에서 홍민표 167 日 本 の 派 遣 労 働 市 場 とリーマンㆍショック 李 昌 玟 ㆍ 丸 山 由 希 也 185 일본학국제비교연구소 회칙 205 연구윤리 규정 209 발행 규정 213 심사 규정 215 투고 지침 217

4 1 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 - 前 近 代 韓 国 との 対 比 研 究 の 方 向 性 を 念 頭 に 置 いて - * 片 岡 龍 要 旨 日 本 では 国 家 の 範 囲 内 で 公 共 や 公 私 関 係 を 考 える 傾 向 が いまなお 根 強 い 本 稿 は 1その 歴 史 的 縁 由 を 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 ( 私 が 公 に 回 収 されてしまう 公 / 私 構 造 )に 探 り 2 前 近 代 韓 国 の 公 共 観 の 特 徴 ( 参 加 共 働 性 )との 比 較 を 通 して 日 本 の 公 共 観 を 広 く 東 アジアの 文 脈 に 位 置 づけ 直 し 3それ によって 従 来 の 西 洋 中 心 の 公 共 観 に 対 する 新 たな 公 共 観 共 創 の 準 備 となること を 企 図 した キーワード : 朝 鮮 王 朝 実 録 旅 軒 張 顕 光 丸 山 眞 男 公 私 公 論 1) 1. はじめに 戦 後 の 日 本 で 公 共 をめぐる 議 論 の 高 まりが 見 られたのは まず 1960 年 代 すなわち 高 度 経 済 成 長 期 であった それは 国 家 の 公 共 事 業 や 企 業 の 利 潤 追 求 が 惹 き 起 こす 生 活 環 境 や 自 然 環 境 の 破 壊 に 対 して 住 民 運 動 や 階 級 運 動 などの 批 判 を 通 して 公 共 を 国 家 の 独 占 から 解 放 することを 求 める 試 み であった 60 年 代 の 公 共 をめぐる 議 論 は とりもなおさず 日 本 国 憲 法 に 規 定 され た 公 共 の 福 祉 ( 第 12 条 ㆍ 第 13 条 第 22 条 第 29 条 )の 概 念 を 中 核 と していたと 見 てよい すなわち それが 帝 国 憲 法 の 公 共 ノ 安 全 ( 第 8 条 ㆍ 第 70 条 ) 公 共 ノ 安 寧 秩 序 ( 第 9 条 )と 断 絶 のほとんど 認 められない 形 で 運 用 されていないかという 問 いかけであった 1) 70 年 代 になって 経 済 が 低 成 長 時 代 に 入 り 開 発 事 業 も 鎮 静 化 すると 公 共 に 対 する 人 々の 関 心 は 次 第 に 薄 れていった それがふたたび 活 性 化 * 東 北 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科 1) 現 憲 法 には 公 共 ノ 安 全 公 共 ノ 安 寧 秩 序 といった 表 現 はないが 自 衛 隊 法 には 公 共 の 安 全 ( 第 106 条 第 107 条 第 115 条 ) 公 共 の 秩 序 ( 第 3 条 第 92 条 第 94 条 )と いう 語 がある

5 2 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) するのは 90 年 代 の 半 ば 以 降 である 2) その 要 因 はさまざまに 考 えられるが いわゆる 冷 戦 体 制 が 終 わりを 告 げ 国 際 秩 序 の 行 方 が 不 明 確 になったことの 影 響 を 否 定 することはできないであろう つまり 60 年 代 までの 公 共 は その 主 体 をどこに 見 るかの 違 いはともか く 国 家 の 範 囲 内 のなかでの かつ 具 体 性 を 帯 びた 問 題 関 心 であった それ に 対 して 90 年 代 半 ば 以 降 の 公 共 は 国 家 を 越 えた あるいはそうした 枠 組 みではすくい 取 れない 個 々 人 にふりかかるリスクに 対 する 不 安 感 が 要 請 する もののように 思 われる しかし いずれにせよ 近 現 代 の 日 本 における 公 共 は 同 時 代 ㆍ 将 来 的 な 問 題 関 心 のもとに 議 論 されてきた にもかかわらず 本 発 表 で あえて 前 近 代 の 日 本 の 公 共 をとりあげる 意 義 はなにか 一 つは 今 後 の 方 案 を 探 る 前 提 としてである 前 近 代 日 本 においては 公 共 や 公 ( 論 ㆍ 議 ) に 対 する 自 覚 的 な 思 想 営 為 はほとんどなく あった としても それはわたしたちの 同 時 代 ㆍ 将 来 的 な 問 題 関 心 に 直 接 響 くようなもの ではなかったと 思 われる ところが 前 近 代 の 韓 国 では それらの 語 の 使 用 例 がきわめて 多 く 自 覚 的 な 思 想 営 為 まで 至 る 例 はやはり 少 ないとしても そこに は わたしたちの 問 題 関 心 に 直 接 響 く 内 容 が 含 まれている これは 中 国 と 比 べた 場 合 においても そう 言 える 3) 一 度 前 近 代 韓 国 との 比 較 の 眼 を 通 して 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 につ いて 改 めて 見 直 すことで 同 時 代 ㆍ 将 来 的 な 課 題 に 今 後 わたしたちがどう 向 き 合 えばよいかの 心 構 えを 定 められるだろう すなわち 仮 に 過 去 の 日 本 に 現 代 的 な 課 題 に 直 接 資 するような 公 共 の 思 想 伝 統 が 少 なかったとして も それならそれで その 細 い 水 脈 を 日 本 以 外 の 伝 統 とつなげていくための 方 案 作 成 に 着 手 できよう また 公 共 や 公 / 私 といった 用 語 で 語 られ 2) 学 問 的 な 成 果 としては 東 大 出 版 会 の 公 共 哲 学 シリーズ 全 20 巻 がある 3) 朝 鮮 時 代 の 公 共 については 報 告 者 にはこれまで 1 朝 鮮 王 朝 実 録 に 見 える 公 共 の 用 例 の 検 討 ( 国 際 日 本 学 研 究 叢 書 18 相 互 探 求 としての 国 際 日 本 学 研 究 日 中 韓 文 化 関 係 の 諸 相 ( 法 政 大 学 国 際 日 本 学 研 究 センター )< 日 本 語 > 2 14 世 紀 末 から16 世 紀 半 ばにおける 公 共 の 用 例 の 検 討 朝 鮮 王 朝 実 録 と 韓 国 文 集 叢 刊 を 中 心 に ( 韓 国 学 中 央 研 究 院 主 催 公 共 意 識 国 際 学 術 会 議 韓 国 と 日 本 の 公 共 意 識 比 較 研 究 での 発 表 原 稿 )< 日 本 語 韓 国 語 > 3 退 渓 門 下 から 旅 軒 ㆍ 張 顕 光 にいたる 公 共 人 間 主 体 ㆍ 社 会 ㆍ 自 然 (2013 韓 中 日 公 共 意 識 比 較 研 究 国 際 学 術 会 議 朝 鮮 王 朝 の 公 共 性 韓 国 学 中 央 研 究 院 での 発 表 原 稿 )< 韓 国 語 > 4 朝 鮮 時 代 の 公 共 とソンビ (アサン 書 院 開 院 2 周 年 記 念 学 術 会 議 ソンビ 精 神 と 韓 国 社 会 アサン 政 策 研 究 院 での 発 表 原 稿 )< 日 本 語 韓 国 語 >の 論 稿 がある

6 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 ( 片 岡 龍 ) 3 ていなくても 現 代 的 な 課 題 に 資 するような 思 想 伝 統 が 新 たに 見 えてくるかも しれない(これまでも そうした 探 索 がなかったわけではないが 多 くは 西 洋 との 対 比 的 な 関 心 からであった) 前 近 代 日 本 の 公 共 観 をとりあげるもう 一 つの 意 義 は 90 年 代 半 ばから 20 年 を 経 た 現 在 においても なお 日 本 では 国 家 の 範 囲 内 で 公 共 や 公 私 関 係 を 考 える 傾 向 が 根 強 いからである( 市 民 的 公 共 性 の 場 合 も) その 歴 史 的 縁 由 を 一 度 はっきりと 確 認 しておく 必 要 がある 現 時 点 での 考 えでは 問 題 の 根 本 は 公 共 や 公 よりも むしろ 私 の 方 にある 私 が 一 人 称 の わたくし と 結 びつく( 室 町 時 代 頃 と 言 われる)という 日 本 特 殊 の 事 情 や それ がもたらした 自 己 や 他 者 の 捉 え 方 の 特 色 と その 問 題 点 などについても 考 察 し たい( 本 稿 では 十 分 に 果 たせなかった) ただ 基 本 的 に 本 発 表 は 従 来 の 研 究 の 整 理 にとどまる また 整 理 といっ ても 先 行 する 研 究 を 網 羅 的 に 押 さえる 点 でも 十 分 ではない あくまで 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 に 関 する 大 ざっぱな 紹 介 と 発 表 者 自 身 の 思 考 整 理 と に 主 眼 があることを 諒 解 されたい 2. 前 近 代 韓 国 の 公 共 はじめに 前 近 代 韓 国 の 公 共 について 概 観 しておきたい 4) 東 アジアにおける 公 共 の 用 例 の 初 出 は 当 然 中 国 古 代 に 遡 るが( 史 記 張 釈 之 列 伝 ) 用 例 数 においては 朝 鮮 時 代 が 圧 倒 的 である すなわち 5) 総 字 数 5,400 万 字 の 朝 鮮 王 朝 実 録 における 公 共 の 用 例 は 623 件 に 及 ぶが 二 十 五 史 ( 約 3,990 万 字 )には 14 件 資 治 通 鑑 続 通 鑑 には 18 件 明 実 録 清 実 録 (ほぼ 朝 鮮 王 朝 の 期 間 と 重 なる)には 44 件 しか 用 例 がない これはたんに 量 的 な 違 いだけの 問 題 にとどまらない 中 国 における 公 共 とは 異 なる 意 味 合 いが 韓 国 の 公 共 には 見 られる ただし 当 然 ながら 4) なお 本 節 は 基 本 的 に 前 掲 拙 稿 朝 鮮 時 代 の 公 共 とソンビ 第 1 節 の 再 録 である 5) 光 海 君 日 記 定 草 本 ㆍ 宣 祖 修 正 実 録 ㆍ 景 宗 改 修 実 録 を 引 くと502 件 なお 朝 鮮 王 朝 実 録 の 件 数 を 言 う 場 合 は 便 宜 上 記 事 数 を 指 している 一 つの 記 事 に 複 数 の 公 共 の 用 例 が 含 まれている 場 合 があるので 実 際 の 用 例 数 はもっと 多 い

7 4 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) 公 共 の 意 味 合 いは 朝 鮮 王 朝 500 年 の 歴 史 において 時 代 による 変 化 が ある 朝 鮮 王 朝 実 録 における 公 共 の 用 例 の 時 代 別 の 特 徴 を 用 例 数 ㆍ 発 話 主 体 という 点 から 区 分 すると 以 下 のようになる 王 代 年 数 発 話 主 体 用 例 数 ⅰ 第 1 代 太 祖 ~ 第 13 代 明 宗 (1392~1567) 約 180 年 間 言 官 10% ⅱ 第 14 代 宣 祖 ~ 第 20 代 景 宗 (1567~1724) 約 160 年 間 士 林 70% ⅲ 第 21 代 英 祖 ~ 第 27 代 純 宗 (1724~1926) 約 200 年 間 王 20% ⅰの 時 期 の 用 例 は ほぼ 史 記 の 法 者 天 子 所 與 天 下 公 共 也 ( 法 とは 天 子 が 天 下 とともに 公 共 するところに 成 り 立 つものです) を 踏 襲 したものである たとえば 次 のような 例 である 法 とは 天 下 古 今 が 公 共 するところに 成 り 立 つものであり 殿 下 の 私 物 化 できるもの ではありません 法 者 天 下 古 今 之 所 公 共 非 殿 下 所 得 而 私 也 < 世 宗 6(1424) 年 7 月 28 日 2> 発 話 主 体 はほぼ 司 憲 府 ㆍ 司 諫 院 の 臺 諫 ( 言 官 )に 限 られ 発 話 が 向 けられ た 対 象 は 王 である すなわち この 時 期 の 公 共 は 王 の 専 権 を 諫 めるための 語 であった ⅱの 時 期 になると 発 話 主 体 は 言 官 に 限 らず 進 士 成 均 館 生 員 館 学 儒 生 など 士 林 にまで 裾 野 を 拡 げるようになる ⅰの 時 期 のような 法 について 論 じる 例 は 消 え 公 共 之 論 という 用 例 が 圧 倒 的 多 数 を 占 め る この 時 期 の 特 徴 をよく 示 すのは 次 のような 例 である 公 論 が 沸 騰 してくると 一 人 の 臺 諫 がとどめられるものではありません 公 論 方 張 非 一 臺 諫 所 可 沮 遏 < 仁 祖 2(1624) 年 12 月 3 日 1> まさ 方 に 張 る という 時 間 の 経 過 とともに 膨 張 沸 騰 するといったニュアンスを もつこの 表 現 は 韓 国 的 な 公 共 の 性 格 ( 後 述 )をよく 表 している また 公 共 が 臺 諫 の 専 有 物 ではなくなったことがわかる したがって この 時 期 に

8 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 ( 片 岡 龍 ) 5 は 士 林 に 限 らず 宗 室 敦 寧 府 ( 王 の 親 戚 ㆍ 外 戚 の 府 ) 府 院 君 ( 王 妃 の 父 または 正 一 品 の 功 臣 ) 二 品 以 上 など 王 の 身 近 な 高 位 者 も しばしば 公 共 の 語 を 用 いるようになる ⅲの 時 期 の 特 徴 は 王 が 主 体 的 に 公 共 の 語 を 用 いる 点 である たとえ ば 正 祖 の 次 のような 発 言 が その 代 表 的 なものである たいてい 義 理 というものは 天 下 の 公 共 の 物 事 である 今 の 時 代 また 後 の 時 代 に 口 をもち 目 をもつ 者 が 一 つの 異 論 も 抱 くことなく 意 見 がバラバラになること がないようであって はじめて 公 共 ということができる ( 余 の) 処 分 の 本 意 が 公 共 にあることを 知 らねばならない 大 抵 義 理 也 者 天 下 之 公 共 物 事 今 時 之 有 口 者 後 世 之 具 眼 者 無 一 携 貳 之 論 ㆍ 参 差 之 見 然 後 方 可 謂 公 共 須 知 処 分 之 本 意 在 於 公 共 < 正 祖 14(1790) 年 7 月 11 日 4> このように 異 論 や 不 一 致 を 許 す 余 地 のない 一 つの 義 理 を 公 共 と 呼 ぶような 用 例 は 従 来 はまったく 見 られなかったものであり むしろ 中 国 の 用 例 ( 資 治 通 鑑 や 朱 子 学 など)に 近 い 韓 国 的 な 公 共 の 特 色 は ⅱの 時 期 に 最 もよく 認 められる だろうか 上 に 述 べたように この 時 期 に 最 も 多 い 用 例 は 公 共 之 論 という 形 だが たと えば 次 のような 例 を 見 ると ここでの 公 共 はほぼ みな あまねく だ れでも ( 衆 ㆍ 普 ㆍ 開 )といった 意 味 に 近 いことがわかる(したがっ て その 反 対 概 念 は 独 ㆍ 偏 ㆍ 専 など) ( 弘 文 館 が 意 見 提 出 して 言 うには) 臺 官 が 殺 すべきだ と 言 い 卿 ㆍ 大 夫 ㆍ 国 人 がみな 殺 すべきだ と 言 っているのに ただ 大 臣 だからという 理 由 で あえて 公 議 にそむいて( 罰 を 軽 くするくのは 間 違 っています ) 王 が 答 えるには 余 はもちろん 諸 君 らの 意 見 が 公 共 の 論 であることを 知 っているが 臺 官 曰 可 殺 卿 ㆍ 大 夫 ㆍ 国 人 皆 曰 可 殺 而 徒 以 大 臣 之 故 強 拂 公 議 答 曰 予 豈 不 知 卿 等 之 箚 是 公 共 之 論 < 粛 宗 15(1689) 年 閏 3 月 22 日 1> 実 際 に 朝 鮮 王 朝 実 録 をとおして 公 共 の 語 は 天 下 公 共 挙 国 公 共 一 国 公 共 一 郷 公 共 多 士 公 共 公 共 之 衆 論 万 口 之 公 共 といった 形 で 用 いられることが ほとんどである このような 意 味 合 いは もちろんⅰⅲの 時 期 にも 貫 流 している したがって

9 6 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) ⅰの 時 期 には 次 のような 用 例 もある 人 が 畏 れねばならないのは 公 論 である 公 論 はただ 朝 廷 にだけあるわけではな い 草 野 里 巷 において 一 介 の 貧 士 であっても 慷 慨 の 意 を 抱 いて 声 を 挙 げれ ば これも 公 論 である 夫 人 之 可 畏 者 公 論 公 論 不 但 在 於 朝 廷 草 野 里 巷 之 間 雖 一 介 寒 生 懷 慷 慨 發 言 是 亦 公 論 也 < 明 宗 7(1548) 年 4 月 19 日 5> また ⅲの 時 期 にも 次 のような 用 例 が 見 える 上 は 公 ㆍ 卿 ㆍ 大 夫 から 下 はもろもろの 奴 婢 たちにいたるまで 憤 り 口 惜 しがっ て 殺 すべきだ と 言 っています ここから 見 ると 挙 国 一 致 の 公 共 の 論 である ことがわかります 上 自 公 ㆍ 卿 ㆍ 大 夫 下 至 輿 儓 ㆍ 僕 隷 莫 不 憤 惋 曰 可 殺 由 此 観 之 可 知 挙 国 公 共 之 論 < 純 祖 7(1807) 年 8 月 22 日 2> そして これらの 用 例 に 見 られる 慷 慨 憤 惋 といった 言 い 方 からは 韓 国 的 な 公 共 には さらに< 不 正 に 対 する 義 憤 >の 意 が 加 わることが 推 測 される 実 際 に 公 共 之 ( 冤 ) 憤 という 用 例 もしばしば 見 られる なお この 場 合 の 不 正 とは やはり 独 ㆍ 偏 ㆍ 専 といった 内 容 が それに 相 当 するように 思 われる この 点 で ⅲの 時 期 に 王 が 異 論 や 不 一 致 を 許 す 余 地 のない 一 つの 公 共 を 独 占 化 しようとするような 例 は 韓 国 的 な 公 共 の 特 徴 とは 認 めがたい このように 韓 国 の 公 共 の 第 一 の 特 徴 は 衆 ㆍ 普 ㆍ 開 と いった 点 にあるが ただし それは 万 人 に 開 かれているという< 公 開 性 >より も 各 自 の 自 発 的 な 参 与 によって 共 通 の 関 心 を 顕 現 化 ㆍ 活 性 化 させるという < 参 加 共 働 性 >とでも 言 った 方 が より 適 切 であるように 思 われる このことを 張 顕 光 ( )の 用 例 によって 確 認 しておこう そもそも 公 共 というものは この 物 を 虚 しく 棄 てられた 地 に 置 くことを 言 うのではな い ただ 私 物 化 しないだけである 渓 山 はもちろん 公 共 の 物 である しかし わた しが 自 得 して わたしが 楽 しみ 他 人 が 自 得 して 他 人 が 楽 しみ 千 万 人 が 自 得 し て 千 万 人 がみな 楽 しみ それぞれ 自 分 の 得 るところにしたがって 楽 しめば どう して 公 共 であることを 妨 げようか 先 の 人 が 楽 しめば 後 の 人 も 楽 しみ こちらの 人

10 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 ( 片 岡 龍 ) 7 が 楽 しめば あちらの 人 も 楽 しむ 互 いに 譲 り 合 わないでも みな 満 足 しているの だから どうして 問 題 があろうか このようにしてこそ 渓 山 水 石 は むなしく 棄 て られた 一 器 物 とならず その 美 を 発 揮 できるのである 夫 所 謂 公 共 者 非 曰 置 是 物 於 虚 棄 之 地 也 但 不 私 之 而 巳 渓 山 固 是 公 共 之 物 也 而 我 得 之 而 我 楽 之 人 得 之 而 人 楽 之 千 万 人 得 之 而 千 万 人 皆 楽 之 各 随 其 所 得 而 楽 之 何 害 其 為 公 共 也 前 人 楽 之 後 人 亦 楽 之 此 人 楽 之 彼 人 亦 楽 之 不 相 譲 而 皆 自 足 矣 何 嫌 乎 哉 然 後 渓 山 水 石 不 為 虚 棄 之 一 器 而 能 発 其 美 也 < 旅 軒 先 生 文 集 九 立 巌 記 > これは 自 然 に 仮 託 して 語 っているが 当 然 政 治 ㆍ 社 会 的 な 公 共 時 空 間 のあり 方 を 意 識 している 各 人 が 主 体 的 に 関 わり 活 性 化 させなければ その 時 空 間 は 消 滅 するというのである 義 理 の 公 は 人 々が 同 じく 得 ているものである きわめて 愚 かで 賤 しい 者 において も 一 筋 の 道 が 通 じていて そこに 取 るべきものがある 公 共 の 義 理 は それ ぞれ 自 得 したことを 発 揮 することが これもまた 分 内 のなすべきことである 義 理 之 公 人 所 同 得 雖 在 至 愚 極 陋 亦 或 有 一 條 路 通 得 則 當 在 所 取 焉 公 共 義 理 各 發 其 所 見 乃 亦 分 內 事 也 < 旅 軒 先 生 続 集 五 錄 疑 俟 質 > 宇 宙 の 万 物 間 には 一 理 感 通 之 妙 が 働 いている( 立 巌 記 ) したがっ て 公 共 時 空 間 への 参 与 は あらゆる 存 在 に 開 かれている 各 存 在 はそれぞ れの 立 場 に 応 じて その 分 を 尽 くさなければならない それによって 宇 宙 は 活 潑 潑 となる( 旅 軒 先 生 文 集 一 萬 活 堂 賦 幷 序 ) このような 公 共 時 空 間 の 活 性 化 を 張 顕 光 は 宇 宙 事 業 と 名 付 けている 3. 前 近 代 日 本 の 公 共 前 近 代 韓 国 における 公 共 の 語 の 用 例 は 14 世 紀 末 に 始 まり 16 世 紀 後 半 から 18 世 紀 前 半 をピークとし その 発 現 主 体 は 士 林 (ソンビ) その 内 容 は < 参 加 共 働 性 >を 特 徴 としていた 日 本 では 前 近 代 史 料 の DB 環 境 がまだ 整 っていないため 確 定 的 なこと は 言 えないが 公 共 の 語 が 比 較 的 目 につくようになるのは 17 世 紀 の 儒

11 8 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) 学 者 ( 山 崎 闇 斎 山 鹿 素 行 伊 藤 仁 斎 など)からであり 6) 自 覚 的 な 用 例 となる と 幕 末 ㆍ 維 新 期 から 明 治 時 代 (19 世 紀 後 半 から 20 世 紀 初 )を 待 たなければな らない( 横 井 小 楠 田 中 正 造 など) 自 覚 的 といっても これは 前 近 代 韓 国 の 場 合 も 含 めてだが 公 と 公 共 の 違 いに 対 する 明 確 な 自 覚 は きわめて 最 近 のことであり(いまなお 十 分 で はない) ここで 自 覚 的 と 言 うのは 従 来 の 上 下 秩 序 的 な 公 ( 共 ) を 水 平 的 な 関 係 に 捉 え 直 そうとしている という 意 味 である(この 意 味 では 伊 藤 仁 斎 も 含 めてもよい) なお 公 と 公 共 の 違 いの 自 覚 が いまなお 十 分 ではないのは 公 ( 共 ) と public の 対 比 に 足 をとられるからであろう( 前 者 は 官 に 後 者 は 民 に 相 当 するというような) しかし 公 ( 共 ) に 上 下 秩 序 的 な 官 の 意 味 合 いと 水 平 的 な 民 によるものの 両 面 があるのと 同 じく public も 民 に 関 わるだけでなく 官 に 近 い 意 味 もある 7) むしろ 公 ( 共 ) の 方 が 公 は 垂 直 的 公 共 は 水 平 的 というよう に 使 い 分 けられてきた 水 脈 が 明 確 な 自 覚 とまでは 言 えないものの 確 認 できる さらに 前 近 代 の 韓 国 では 公 ( 共 ) という 語 は 垂 直 的 よりも 水 平 的 な 意 味 合 いをもつことが 一 般 であった(その 発 現 主 体 は 士 林 だが 士 林 は 必 ずしも 官 に 就 いていることを 意 味 しない) したがって 現 代 的 ㆍ 将 来 的 な 観 点 から 公 と 公 共 の 区 別 をより 明 瞭 にするためには 前 近 代 韓 国 の 用 例 が 大 きな 意 味 をもつのである そこか ら 公 共 と public の 同 異 も 浮 かび 上 がってくる すなわち どちらも 現 在 の 市 民 的 公 共 性 と 親 和 的 でありながら public は< 公 開 性 >に 重 きがある のに 対 して 公 共 は< 参 加 共 働 性 >に 主 眼 があるといった 点 である 8) 以 上 をふまえて 前 近 代 日 本 の 公 共 性 の 特 徴 を 探 索 していこうとする 際 に まず 逢 着 する 困 難 は 残 されている 史 料 の 問 題 である 正 史 や 実 録 類 が 一 貫 した 形 で まとまって 記 録 されてこなかった 日 本 では 韓 国 や 中 国 のそれらに 6) ただし 公 共 の 語 は 義 堂 周 信 や 夢 巌 祖 応 など 五 山 禅 林 文 化 圏 (13 世 紀 後 半 ~16 世 紀 )に も 散 見 するが これも 儒 教 の 受 容 と 関 係 があることが 指 摘 されている( 東 島 誠 公 共 圏 の 歴 史 的 創 造 江 湖 の 思 想 へ 東 京 大 学 出 版 会 頁 ) 7) 佐 々 木 毅 ㆍ 金 泰 昌 編 公 共 哲 学 3 日 本 における 公 と 私 東 京 大 学 出 版 会 頁 8) public は 形 容 詞 ㆍ 名 詞 として 公 共 は 動 詞 ㆍ 形 容 詞 として 用 いられる 違 いがあるとも 言 え よう 公 と 公 共 の 違 いは 動 詞 化 できるか 否 かの 違 いとの 指 摘 もある( 佐 々 木 毅 ㆍ 金 泰 昌 編 公 共 哲 学 3 日 本 における 公 と 私 東 京 大 学 出 版 会 頁 )

12 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 ( 片 岡 龍 ) 9 おける 公 共 の 用 例 と 対 比 することは そもそも 不 可 能 である とはいえ 残 されている 限 りでの 悉 皆 的 な 調 査 が まず 必 要 となろう 個 人 の 文 集 等 における 用 例 を 確 認 することも もちろん 大 切 だが なにより 国 家 的 公 共 性 と 市 民 的 公 共 性 を 弁 別 するには 正 史 や 実 録 などの 公 的 文 書 において 公 権 力 のあり 方 がどのようにチェックされているか あるいはいないかを 確 認 するこ とが 重 要 な 鍵 の 一 つとなるからである その 際 公 的 文 書 の 性 格 ということも 問 題 となろう 韓 国 や 中 国 のように 史 官 制 度 の 発 達 しなかった 日 本 において 歴 史 的 権 力 に 対 するチェックのあり 方 を 確 認 することが そもそも 公 的 文 書 自 体 を 通 して 果 たして 可 能 なのかという 点 である これに 対 しては 公 的 文 書 の 範 囲 を 正 史 や 実 録 に 限 らず 広 く 精 査 する ほかないとしか 今 のところ 言 えない 表 ㆍ 訴 状 ㆍ 陳 状 などの 上 申 文 書 や 裁 判 ㆍ 法 律 文 書 などとともに(これまでも 一 揆 の 契 状 などがとりあげられてきた) 徳 川 幕 府 の 実 録 や 藩 史 など さらには 本 朝 通 鑑 や 大 日 本 史 等 の 通 史 でさえ これまで 本 格 的 には 調 査 されていないのではなかろうか しかし これらはすべて 今 後 の 課 題 として 委 ねざるを 得 ず 今 のところ 前 近 代 日 本 の 公 的 文 書 類 には 市 民 的 公 共 性 に 親 和 的 な 公 共 の 用 語 例 は 確 認 されていないと 結 論 しておかざるを 得 ない 4. 前 近 代 日 本 の 公 / 私 したがって 従 来 は 日 本 の 歴 史 的 な 公 共 性 の 問 題 は 公 / 私 の 問 題 として 考 察 されることが 主 流 であった その 結 論 を 一 言 でいえば 私 が 公 に 回 収 されてしまう 日 本 的 な 公 / 私 構 造 という 理 解 である そうした 構 造 自 体 を 前 提 として (1) 日 本 の 公 ( 共 ) の 問 題 性 に 指 摘 に 重 きをおくか (2)それとは 異 なる 水 平 的 な 公 ( 共 ) の 水 脈 を 発 掘 しようする か という 二 つの 研 究 方 向 を 中 心 にして 議 論 がなされてきた (1) 日 本 の 公 ( 共 ) の 問 題 性 (1)の 早 い 例 としては 戦 時 中 に 書 かれ 丸 山 眞 男 日 本 政 治 思 想 史 研 究 (1952)の 第 一 論 文 として 収 められた 同 氏 の 近 世 儒 教 の 発 展 における 徂 徠

13 10 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) 学 の 特 質 並 にその 国 学 との 関 連 (1940)を 挙 げることができよう その 結 論 をかんたんに 言 えば 荻 生 徂 徠 は 公 を 政 治 ㆍ 社 会 的 = 対 外 的 なもの 私 を 個 人 的 = 内 面 的 なものとして 両 者 を 分 離 させたが それ は 本 居 宣 長 の 国 学 に 換 骨 奪 胎 的 に 継 承 され 公 私 はいったん 分 離 し た 上 での 交 わりという 緊 張 関 係 を 構 築 することに 結 局 挫 折 したというものであ る これは 第 二 論 文 である 近 世 日 本 政 治 思 想 における 自 然 と 作 為 (1941)の 内 容 とも 密 接 に 関 係 している ここではわかりやすさのため に 後 年 の 日 本 の 思 想 (1957)によって 丸 山 の 基 本 的 な 問 題 関 心 と 併 せ て 見 ておこう そこでは まず 日 本 の 思 想 の 伝 統 が 無 構 造 の 伝 統 と 捉 えられ る それは 仏 教 的 なもの 儒 教 的 なもの シャーマニズム 的 なもの 西 欧 的 なもの- 要 するに 私 たちの 歴 史 にその 足 跡 を 印 したあらゆる 思 想 の 断 片 が 雑 居 するだけで 思 想 と 思 想 との 間 に 本 当 の 対 話 なり 対 決 が 行 われな い ような 精 神 状 態 を 指 す 近 代 日 本 は そうした 精 神 状 態 のまま 開 国 ( 自 己 を 国 際 社 会 に 開 くと 同 時 に 国 際 社 会 に 対 して 自 己 を 国 として 画 す)したために 伝 統 思 想 はますます 断 片 化 し 新 たに 流 入 した 諸 思 想 を 捉 えなおしたり 異 質 な 思 想 として 対 決 す る 原 理 となりえなかった そのため 日 本 の 近 代 化 は 不 十 分 であった という のが 丸 山 の 基 本 的 な 問 題 関 心 である すなわち 近 代 日 本 の 課 題 は 立 憲 制 の 機 軸 (ヨーロッパでは 宗 教 ) を 創 出 することであったが そのような 思 想 的 伝 統 がなかったため( 思 想 的 雑 居 性 ) 制 度 としての 国 体 ( 君 主 国 体 )が 同 時 に 精 神 としての 国 体 ( 万 世 一 系 の 天 皇 によって 統 治 される 優 秀 な 国 柄 )として 機 軸 ( 非 宗 教 的 宗 教 ) 化 さ れた その 結 果 個 人 の 内 面 の 問 題 ( 私 )に 国 家 権 力 ( 公 )が 無 制 限 に 浸 透 してくる 構 造 が 確 立 した と 言 うのである 丸 山 はそこに 憲 法 等 の 法 的 = 政 治 的 制 度 が 制 度 をつくる 主 体 の 問 題 か ら 切 り 離 されて 既 にできあがったものとされ( 制 度 の 物 神 化 ) 主 体 は 個 人 の 日 常 的 な 感 覚 世 界 と 自 然 に 対 する 直 観 に 局 限 されてしまう( 自 然 ㆍ 実 情 への 密 着 ) つまり フィクションとしての 制 度 と 生 の 現 実 ( 充 溢 )との 間 の 緊 張 が 構 築 されな いという 昔 ながらの 無 構 造 の 伝 統 が 原 型 ㆍ 古 層 ㆍ 執 拗 低 音 とし て 浮 上 する 様 子 を 見 て 取 ったのである

14 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 ( 片 岡 龍 ) 11 このような 丸 山 の 研 究 方 向 が 戦 後 日 本 の 公 / 私 関 係 の 探 求 に それ に 対 する 賛 否 に 関 わらず 大 きな 影 響 を 与 えたことは 否 定 できない ここに は 依 然 として われわれがその 主 張 を 精 確 に 受 けとめるべき 点 や さらに 考 察 を 深 めるべき 有 意 義 な 課 題 の 示 唆 がある たとえば 同 じく 無 構 造 の 伝 統 といっても 戦 前 では 国 体 が < 権 力 の 核 心 / 精 神 の 機 軸 >として 仮 にも 諸 思 想 をつないでいたが 戦 後 は それもなくなった とされている 点 である したがってまた 戦 前 日 本 の 近 代 は 流 産 したが 機 軸 を 作 為 しようとする 意 識 の 稀 薄 な 前 近 代 とは や はり 基 本 的 に 異 なるのである 後 に 原 型 (1963)や 古 層 (1972)や 執 拗 低 音 (1975) 等 の 語 によっ て あたかも 古 代 から 国 家 権 力 ( 公 )が 個 人 の 内 面 ( 私 )に 無 制 限 に 浸 透 してくる 構 造 が 成 立 していたかのごとく 主 張 されているように 見 えるが 丸 山 が それらの 語 で 呼 んでいるのは 思 想 的 雑 居 性 一 般 なのであって 公 / 私 関 係 の 構 造 が 古 代 からそうであったと 特 定 的 に 論 じているのではない 公 / 私 関 係 は 漢 語 的 文 脈 を 離 れれば 基 本 的 には public と private との 関 係 が 密 接 なものとして 強 く 意 識 されるようになる 近 代 の 問 題 な のであって 前 近 代 日 本 で その 結 びつきがいつから 始 まるかは 慎 重 に 検 討 されなければならない 問 題 であろう( 従 来 公 (オホヤケ) に 比 べて 私 (ワ タクシ) の 方 の 考 察 がなかなか 進 んでいないのは オホヤケ ワタクシ の 結 びつきの 例 が そうかんたんに 古 い 時 代 から 見 いだしにくい という 事 情 に もよろう) 古 代 においては オホヤケ( 大 屋 処 )はヲヤケ( 小 屋 処 )に 対 する 相 対 的 な 語 で あって 在 地 首 長 的 なオホヤケと 重 層 して 様 々なレベルのオオヤケがあり それ が 中 近 世 社 会 における 公 の 重 層 構 造 の 淵 源 となっていること またそのよう な 地 域 共 同 体 的 なオホヤケ( 大 屋 処 )が 朝 廷 と 結 びついていたミヤケ( 御 屋 処 ㆍ 宮 処 ㆍ 都 )の 語 に 代 わり 天 皇 ヒエラルキーの 場 の 内 に その 共 同 体 構 造 を 包 摂 する 国 家 的 なオホヤケ( 公 )として 拡 大 されたというように 指 摘 されるが 9) このオ ホヤケ( 公 )も ワタクシ( 私 )の 対 概 念 ではないのである したがって いくら 重 層 構 造 といっても 必 ずしもそれが すぐに 公 / 私 の 入 れ 子 構 造 に 伴 う 無 構 造 にはつながらないのである このように 古 代 においては ただちに 個 人 の 内 面 ( 私 )と 国 家 権 力 ( 9) 吉 田 孝 律 令 国 家 と 古 代 の 社 会 岩 波 書 店 頁

15 12 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) 公 )の 関 係 を 考 察 することは 難 しいにせよ 丸 山 の 制 度 の 物 神 化 という 観 点 は 今 後 まだ 考 察 を 深 める 余 地 があると 思 われる この 点 に 関 して 興 味 深 い 指 摘 を 残 しているのは 石 母 田 正 である 初 期 の 支 配 形 態 は 大 づかみには 二 つの 類 型 に 分 類 される 共 同 体 の 共 同 性 が 首 長 によって 代 表 される 型 と 成 員 相 互 の 関 係 として すなわちなんら かの 民 会 によって 代 表 される 型 である 後 者 には 古 典 古 代 的 ゲルマン 的 類 型 が 属 し 前 者 にはいわゆる 共 同 体 の アジア 的 形 態 が 対 応 し そこでは 王 = 首 長 は 多 かれ 少 なかれデスポティックな 性 格 をもつ その 特 徴 は 対 外 的 な 側 面 においてもっとも 明 確 にあらわれるのであって 共 同 体 の 成 員 による 民 会 が 発 達 し て 内 部 的 事 項 を 把 握 し 首 長 の 権 力 が 名 目 的 な 地 位 にまで 低 下 した 場 合 でさえ も たとえば 外 来 の 客 人 の 接 待 贈 答 の 形 における 外 部 との 物 資 の 交 換 他 の 共 同 体 との 同 盟 関 係 または 戦 争 の 指 揮 の 権 能 等 は 首 長 の 特 別 の 機 能 として 維 持 さ れるのである したがってその 内 部 構 造 がいかに 未 開 的 で 呪 術 からの 解 放 が 未 発 達 であっても 首 長 層 は 対 外 的 な 面 においては 開 明 的 であり 得 るの であって ことに 高 度 に 発 達 した 国 との 対 外 関 係 をもつにいたると 後 者 の 側 面 は 後 進 的 な 内 部 構 造 と 対 比 した 場 合 不 均 等 に 発 達 するのである したがってア ジア 的 社 会 のもとでは 他 民 族 との 交 通 が 重 要 になればなるほど その 機 能 を 独 占 する 首 長 制 = 王 権 は 開 明 的 となり 内 部 的 地 位 はそれによって 強 化 されるとい う 傾 向 をもつのである 10) ここには 丸 山 のいう 開 国 ( 自 己 を 国 際 社 会 に 開 くと 同 時 に 国 際 社 会 に 対 して 自 己 を 国 として 画 す)と 同 じような 問 題 関 心 がある 共 同 性 が 水 平 対 話 的 な 民 会 によってではなく 分 配 統 制 的 な 首 長 制 によって 担 われ る 場 合 には 対 外 的 には 文 明 の 顔 をもつ 機 能 が 対 内 的 には 呪 術 的 権 威 とし て 働 くと 言 うのである ここで 当 然 古 代 日 本 における 律 令 の 編 纂 が 思 いあわされる 中 国 の 周 辺 諸 国 においては 後 世 のベトナムを 除 くと 新 羅 など 朝 鮮 諸 国 の 場 合 と 比 べても 日 本 ほど 体 系 的 に 律 令 法 典 の 編 纂 に 取 り 組 んだ 国 はないと 言 われ る そして その 理 由 として 天 武 ㆍ 持 統 朝 のナショナリズムが 挙 げられている チベットや 朝 鮮 では 日 本 と 同 じく 中 国 の 統 治 技 術 を 継 承 しながら 日 本 よりは るかに 民 族 的 な 固 有 の 制 度 の 色 彩 が 濃 厚 であるのに 対 し 日 本 の 律 令 制 は 10) 石 母 田 正 日 本 の 古 代 国 家 岩 波 書 店 頁

16 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 ( 片 岡 龍 ) 13 ある 種 の 軍 国 体 制 の 構 築 を 目 的 に 隋 唐 の 律 令 制 のなかから 特 定 の 要 素 を 意 図 的 に 抽 出 してつくられ また 中 国 的 自 然 法 との 緊 張 関 係 のなかで 機 能 してい た 中 国 律 令 を そこから 切 り 離 して 継 受 したことが 推 測 されている 11) このような 継 受 の 仕 方 は 制 度 の 物 神 化 をもたらしやすいものとなろう それは 律 令 に 限 った 問 題 だけでなく 近 代 の 立 憲 制 の 導 入 に 際 しても あ るいは 中 近 世 の 唐 物 や 朝 鮮 半 島 からの 陶 磁 器 や 医 薬 技 術 ㆍ 知 識 など さらには 縄 文 から 弥 生 への 移 行 期 における 金 属 製 品 や 古 墳 時 代 の 文 字 など も 同 様 の 役 割 を 果 たしたと 思 われる 安 永 寿 延 による 次 の 指 摘 も オホヤケの 大 のもともとの 意 味 については 修 正 を 要 するかもしれないが 基 本 的 にオホヤケ( 公 )のもつ 物 神 性 呪 術 = 宗 教 性 に 重 点 をおく 理 解 である 古 事 記 にはオオヤケという 言 葉 は 登 場 しないが その 語 源 は 明 らかである それは おほやけ まず 大 屋 処 つまり 大 いなる 屋 のある 所 の 意 味 である 大 は 量 的 な 大 きさを 意 味 しない それは 美 称 であり 偉 大 尊 貴 第 一 などを 表 す 屋 は 神 々の 聖 なる 住 居 である 人 間 の 住 む 俗 なる 住 居 としての 家 とは 本 質 的 に 異 なる 屋 は 天 石 屋 戸 とあるように なによりもまず 天 つ 神 の 住 居 であった その 天 つ 神 が 地 上 に 降 臨 した 際 に 住 む 一 時 的 な 仮 の 宿 が 屋 の 代 りという 意 味 のヤ シロ( 屋 代 = 社 )である 縄 文 時 代 の 遺 跡 のなかには 集 落 の 中 央 に 民 家 より 一 際 大 きな 建 物 の 痕 跡 があり そこで 特 別 な 催 しが 行 なわれたであろうことを 暗 示 し ている おそらくこの 建 物 こそが 屋 の 原 型 であったにちがいない そこに 共 同 体 の おおきみ 首 長 のちには 大 王 = 第 一 の 人 が 住 み 屋 に 神 を 招 き 寄 せて まつりを 主 催 した のであろう 彼 はまつりに 先 だって 厳 格 な 物 忌 みを 行 ない 神 々の 意 志 さらには 世 界 の 意 味 を 解 読 する これがまつりの 原 意 の 一 つである さらに 彼 は 御 言 して 解 読 された 神 々のメッセージを 人 びとに 伝 え それを 執 行 する これがまつり みこと も 持 ちと 11) 吉 田 孝 律 令 国 家 と 古 代 の 社 会 岩 波 書 店 頁 これは 日 本 の 場 合 民 族 的 な 習 俗 が 自 然 法 や 制 度 に 発 達 する 以 前 に すなわち 未 開 の 裸 の 身 体 に 文 明 の 冠 を 装 ったとも 言 えよう あるいは そもそもの 民 族 的 な 習 俗 や 集 合 が 戦 闘 的 ㆍ 軍 団 的 なも のであったとも 言 える が この そもそも を 縄 文 からそうであったのか 弥 生 からか つまり いつから 始 まるかという 問 題 が 残 る 石 母 田 は 律 令 制 においては 郡 司 階 層 が 軍 団 または 軍 制 の 指 導 的 役 割 を 果 たしているが これは 旧 国 造 軍 の 形 態 が 継 承 されたものと 見 る( 石 母 田 正 著 作 集 第 8 巻 岩 波 書 店 頁 初 出 古 代 法 岩 波 講 座 日 本 歴 史 四 1962 のち 日 本 古 代 国 家 論 官 僚 制 と 法 の 問 題 第 一 部 岩 波 書 店 1973に 収 録 )

17 14 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) ごとの 原 意 である 要 するに 第 一 の 人 が 聖 なる 屋 に 神 々を 招 いてまつりとまつ りごとをとり 行 なう 場 がオオヤケの 原 義 である オオヤケは それを 通 じて 人 びとが 世 界 の 意 味 をとらえる 窓 口 であった ここではまだオオヤケはワタクシの 対 立 概 念 で はなく 共 同 体 の 成 員 (ヤカラ)とヤシロとの 媒 介 概 念 である ヤカラは 血 族 集 団 とし てのウカラとちがい 血 縁 のいかんにかかわらず 同 一 の 屋 つまりは 同 一 の 神 な いしシンボルのもとに 結 集 する 集 団 のことである なおヤッコ( 屋 っ 子 )も 本 来 は 屋 においてまつりを 行 なう 首 長 を 補 佐 しつつ 神 に 仕 える 存 在 のことである(そこからの ちにアルジに 仕 える 存 在 としての 奴 に 転 化 する) だが 古 代 では オオヤケはヤカラ ( 同 族 )を 統 率 する 族 長 に 代 表 される 場 合 と この 族 長 に 従 う 人 びとの 間 の 共 同 性 を 意 味 する 場 合 とに 微 妙 に 分 岐 する 例 えば 族 長 の 発 する 言 葉 や 彼 が 触 れ る 物 や 人 要 するに 彼 となんらかのかかわりのあるものは いずれもオオヤケ 性 を おびるようになる 12) (2) 水 平 的 な 公 ( 共 ) の 水 脈 二 つ 目 の 水 平 的 な 公 ( 共 ) の 水 脈 を 発 掘 しようする 研 究 方 向 は 今 見 た 日 本 の 公 ( 共 ) オホヤケ の 問 題 性 を 摘 出 しようとする 研 究 方 向 と 必 ずしも 対 立 するものではない 安 永 は 上 の 文 章 に 続 けて だが オオヤケの 概 念 は 族 長 へと 一 方 的 に 収 斂 するだけでなく まつりの 場 合 には それは 一 挙 に 共 同 性 へと 還 元 される と 言 っている もちろん 古 代 天 皇 制 の 成 立 にともな い 共 同 性 としてのオオヤケももっぱら 天 皇 に 従 属 するが とはいえ 民 衆 の 間 には 共 同 性 のコンテクストのなかに 位 置 づけられ しかも 権 力 者 に 収 斂 する ことのない 独 自 なオオヤケの 概 念 がけっして 消 滅 することなく 脈 々と 生 きつ づける と 言 うのである このような 水 脈 は これまで 主 に 中 世 ㆍ 近 代 を 中 心 として 探 求 されてきた 13) くがい たとえば 中 世 の 公 界 は 網 野 善 彦 の 有 名 な 書 名 中 の 語 として 一 躍 12) 安 永 寿 延 日 本 における 公 と 私 日 本 経 済 新 聞 社 頁 13) 90 年 代 以 降 は 古 代 ( 都 市 がもつ 公 共 性 や 合 議 制 など)や 近 世 後 期 ( 民 衆 の 紛 争 処 理 や 世 論 ㆍ 公 論 など)の 研 究 も 目 につくようになった その 前 提 としては 高 度 成 長 期 の 経 済 発 展 を 経 て 日 本 的 な 経 営 や 組 織 のあり 方 が 肯 定 的 に 捉 え 直 されるようになった いわば 公 ( 共 ) の 復 権 とでもいうべき70 80 年 代 の 状 況 があるだろう 90 年 代 半 ば 以 降 は そうした 状 況 も 揺 らぎ 始 めたが 現 在 もなお 公 共 が 国 家 の 範 囲 内 の 議 論 にとどまりやすいのは この 前 提 が 伏 線 となっていよう

18 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 ( 片 岡 龍 ) 15 一 般 の 認 知 度 を 高 めたが それに 対 する 注 目 は すでに 60 年 代 後 半 から 始 まっていた 14) すなわち 戦 国 時 代 の 九 州 の 大 名 である 相 良 氏 の 分 国 法 相 良 氏 法 度 第 18 条 にみえる 公 界 論 定 公 界 の 批 判 の 用 例 であるが この 公 界 とは 所 衆 談 合 のことであり 相 良 氏 の 公 権 力 がその 裁 定 権 を 法 的 に 承 認 し かつそれに 介 入 しない 自 律 的 なもう 一 つの 公 的 権 力 ( 合 議 体 )の 存 在 が 指 摘 されたのである もちろん 歴 史 の 大 きな 流 れは 結 局 は この 公 界 が 上 位 の 公 権 力 ( 公 儀 )に 組 み 込 まれ 自 律 性 を 失 い その 内 部 への 介 入 を 許 すことに 帰 着 する しかし このような 所 衆 談 合 的 な もう 一 つの 公 ( 共 ) が 中 世 に 存 在 したことの 記 憶 は 幕 藩 体 制 における 公 儀 の 中 にも 老 中 ( 中 は 複 数 の 意 )や 家 老 による 合 議 制 として 種 を 遺 し 幕 末 期 の 公 議 輿 論 として 甦 るという 点 で きわめて 貴 重 である 15) しかし それがかつての 公 界 の 変 質 であることも 確 かであり そうした 近 むえん くがい 世 ㆍ 近 代 にいたる 公 界 の 没 落 史 を 描 いたのが 網 野 善 彦 無 縁 ㆍ 公 界 ㆍ らく 楽 日 本 中 世 の 自 由 と 平 和 ( 平 凡 社 1978)であった ちょう 公 界 や 町 共 同 体 に 公 権 力 に 対 する 自 治 の 伝 統 を 見 出 そうとする 方 向 性 は それが 共 同 体 という 閉 じた 集 団 の 枠 内 でのみ 発 想 される 場 合 必 ずより 上 位 の 共 同 体 に 従 属 する 結 果 となる 中 世 の 共 同 体 自 治 が 輝 いて 見 えるのは 基 本 的 に 自 力 救 済 の 世 界 であって より 上 位 の 共 同 体 すなわち 国 家 による 裁 判 機 能 や 暴 力 の 独 占 が まだ 十 分 になされていないからである したがって 網 野 が 公 界 に 並 べて 無 縁 ( 無 縁 所 )や 楽 ( 楽 市 場 )を 取 り 上 げたのは 共 同 体 の 自 治 としてではなく アジール 的 な 場 としてで あった しかし 西 洋 でもアジールは 13 世 紀 頃 から 規 制 されはじめ 16 世 紀 から 18 世 紀 の 間 に 各 国 で 廃 止 されていったように 共 同 体 でないにせよ 空 間 的 ㆍ 領 域 的 に それが 捉 えられる 限 り いずれ 領 域 国 家 の 国 家 領 土 の 中 に それ が 組 み 込 まれることは 必 然 的 とも 言 える また 網 野 は 無 縁 や 公 界 や 楽 に 日 本 的 な 自 由 や 平 14) 勝 俣 鎮 夫 相 良 氏 法 度 についての 一 考 察 (1967 のち 同 戦 国 法 成 立 史 論 東 京 大 学 出 版 会 1979 所 収 ) 15) 尾 藤 正 英 明 治 維 新 と 武 士 ( 同 江 戸 時 代 とはなにか 岩 波 書 店 2006)

19 16 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) 和 の 意 を 読 み 込 むが それがアジール 的 な 場 と 捉 えられてしまうと 自 由 はいわゆる ~への 自 由 よりも ~からの 自 由 という 消 極 的 自 由 とし て 限 定 され 16) 平 和 も 外 交 的 ㆍ 対 話 的 に 積 極 的 に 構 築 ㆍ 維 持 していくもの よりも 逃 避 的 ㆍ 内 向 的 な 心 の 平 安 に 類 するものとなってしまう しかし 興 味 深 く 思 われるのは 網 野 の 私 秘 的 な 自 由 や 心 の 平 安 的 な 平 和 理 解 が 丸 山 が 指 摘 した 荻 生 徂 徠 の 個 人 的 ㆍ 内 面 的 な 私 理 解 に 近 づいているという 点 である また 水 平 的 な 公 ( 共 ) の 水 脈 として 探 られていた 無 縁 や 公 界 や 楽 が 徂 徠 では 私 に 位 置 づけられているものの その 私 が 政 治 ㆍ 社 会 的 ㆍ 対 外 的 な 公 と 分 離 し て 交 渉 がないという 点 も 網 野 のアジール 的 場 が 公 権 力 の 中 に 開 いた 穴 とし て その 間 の 交 通 があまり 考 えられていないことと 相 似 する つまり 網 野 によれば 徂 徠 的 な 公 / 私 の 分 離 は アジール 的 場 をむ しろ 私 と 位 置 づけてだが すでに 中 世 に 胚 胎 しているということになる ここに 思 いあわされるのは 一 人 称 である わたくし が 同 時 に 私 的 領 わたくし 域 を 意 味 する 私 とまったく 同 じ 言 葉 で 表 現 されるということは 世 界 にその 例 を 見 ない と 言 われている わたくし と 私 の 結 びつきが 17) 遅 くとも 室 町 時 代 末 には 始 まっていたとされる 点 である 18) アジール 的 逃 避 領 域 が わ たくし という 個 人 の 心 の 内 部 にも 発 見 される 可 能 性 が 中 世 後 期 にあったとい うことになる( 心 隠 陸 沈 ) なぜ 私 的 領 域 が 一 人 称 と 結 びつくのかは 今 後 の 課 題 とせざるを 得 ないが 論 理 的 な 発 展 段 階 としては まず 公 と 私 が 漢 語 においては 対 概 念 であ るところから ついで 両 者 が 領 域 化 され さらに 公 の 人 格 化 に 応 じて 私 もしだいに 人 格 化 人 称 化 されるという 流 れを 想 定 できる 16) 網 野 は 無 縁 を 積 極 的 に 縁 を 切 った 自 由 な 境 地 と 見 るが( 平 凡 社 世 界 大 百 科 事 典 自 由 の 網 野 執 筆 部 分 ) その 積 極 性 は 縁 の 強 固 さに 対 するものであり 縁 を 切 った 後 の ~ への 自 由 という 点 での 積 極 性 ではない また 網 野 は 平 民 ( 公 民 )ㆍ 百 姓 の 租 庸 調 ㆍ 年 貢 な どの 負 担 は 共 同 体 の 成 員 になるために 自 発 的 に 担 われたとし 無 縁 ㆍ 公 界 ㆍ 楽 の 共 同 体 か らの 自 由 と 対 比 させるが このような ~への 自 由 よりも ~からの 自 由 をむしろ 重 視 する ような 捉 え 方 は 一 定 の 意 味 は 認 められるものの 結 局 自 由 からの 自 由 に 陥 る 危 険 性 を 避 けにくいだろう 17) 安 永 寿 延 日 本 における 公 と 私 日 本 経 済 新 聞 社 頁 18) 室 町 末 に 成 立 した 御 伽 草 子 などに 登 場 ( 水 林 彪 わが 国 における 公 私 概 念 の 歴 史 的 展 開 歴 史 と 方 法 編 集 委 員 会 編 日 本 史 における 公 と 私 青 木 書 店 頁 ) 同 様 に 公 も 集 団 を 指 すだけでなく 集 団 の 代 表 者 の 個 人 を 指 す 場 合 もある( 有 賀 喜 左 衛 門 著 作 集 Ⅳ 封 建 遺 制 と 近 代 化 未 来 社 頁 )

20 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 ( 片 岡 龍 ) 17 対 概 念 としての 公 / 私 の 早 い 例 は 6 世 紀 の 百 済 王 上 表 文 中 の 公 私 往 還 (アラハにシノビニかよふ) 7 世 紀 とされる 十 七 条 憲 法 第 15 条 の 背 私 向 公 是 臣 之 道 矣 凡 人 有 私 必 有 恨 有 恨 必 非 同 非 同 則 以 私 妨 公 などであり(ともに 日 本 書 紀 ) 領 域 概 念 としての 公 / 私 は 8 世 紀 の 養 老 令 における 公 田 私 田 が 早 かろう 19) 公 の 人 格 化 の 始 まりは 9~10 世 紀 の 交 となる 20) そこから 中 世 末 の 私 の 人 称 化 までは ずいぶん 間 隔 があるが その 前 提 となる 私 の 人 格 化 は 中 世 の 長 い 時 間 をかけて しだいに 進 行 していっ たのだろう 鎌 倉 新 仏 教 や 隠 者 ㆍ 遁 世 文 学 などに 現 れた 思 索 をとおして そ れを 確 認 していくことは 今 後 の 課 題 である その 際 オホヤケ( 公 )のもつ 物 神 性 呪 術 = 宗 教 性 を 指 摘 した 安 永 が それと 対 応 して ワタクシ( 私 )をオホヤケ( 公 )の 聖 性 (タブーや 規 範 )からの 解 放 と 位 置 づけていたことが 注 目 される 21) それは 逆 に 言 えば オホヤケ( 公 )に よる 聖 性 の 独 占 とも 言 えよう すなわち 中 世 における 私 の 人 格 化 は 公 に 回 収 された 聖 性 を 個 人 に 奪 還 しようとする 試 みとも 見 られるのである 22) 勝 俣 鎮 夫 が 一 揆 の 一 味 神 水 ( 一 味 同 心 という 一 致 団 結 した 状 態 の 集 団 を 結 成 する 際 に 行 われた 集 団 誓 約 の 儀 式 作 法 これによって 神 と 人 人 と 人 との 間 を 一 つの 同 じ 心 にすることを 目 的 とする)を 強 調 したように 中 世 に 水 平 的 な 公 ( 共 ) の 水 脈 を 探 る 研 究 方 向 は その 聖 性 について 併 せ 論 じられるこ とが 多 い( 無 縁 所 も 本 来 は 寺 院 である) しかし 注 意 しなければならなのは その 聖 性 が 共 同 体 やアジール 的 場 のように 一 定 の 区 画 をもった 領 域 として 捉 えられると それが 結 局 公 儀 の 中 に 回 収 されていく 姿 は ちょうど 古 代 の 地 域 共 同 体 的 なオホヤケが 国 家 的 なオホヤケの 中 に 自 発 的 に 組 み 込 まれていった 過 程 と なんら 変 わりが 19) 前 掲 水 林 論 文 頁 20) 公 が 天 皇 を 指 すのは 平 安 前 期 の 竹 取 物 語 公 方 の 人 格 的 実 体 化 は13 世 紀 末 以 降 ( 前 掲 水 林 論 文 92 頁 ) 21) 安 永 寿 延 日 本 における 公 と 私 日 本 経 済 新 聞 社 頁 22) なお privateはラテン 語 のprivatio,privare( 奪 う 奪 われた)に 由 来 すると 言 われるが( 三 戸 公 公 と 私 未 来 社 頁 ) アンリㆍルフェーブルは 本 来 共 同 生 活 から わた プリヴエ し によって 奪 われた ものであるにもかかわらず その 私 的 生 活 が ふたたび 国 家 ないしは 体 制 という 擬 制 の 共 同 性 のなかに 回 収 され 奪 われる 過 程 をre privatisation( 再 私 的 化 = 再 剥 奪 化 )という 造 語 でよんでいると 言 う( 安 永 寿 延 日 常 性 の 弁 証 法 筑 摩 書 房 頁 )

21 18 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) ないことになる 喧 嘩 両 成 敗 ( 喧 嘩 をした 者 は 双 方 とも 理 非 を 問 わず 同 等 の 処 罰 をうける) や 折 中 の 法 ( 係 争 対 象 の 利 権 を 当 事 者 間 で 籤 引 きㆍ 神 判 によって 形 式 的 に 折 半 する)といった 中 世 の 紛 争 解 決 法 も 領 域 的 問 題 として 捉 えられると 必 ずその 上 位 になんらかの 神 格 的 な 公 権 力 の 存 在 を 想 定 せざるを 得 ない そもそも 領 域 化 が 人 格 化 に 転 じたということは 日 本 語 の 人 格 概 念 に 領 域 的 な 要 素 があることを 示 唆 していよう すなわち 領 域 と 人 格 の 区 別 が 曖 昧 で あると 言 ってもよい 人 格 が 領 域 の 中 に 絡 め 取 られてしまえば 私 と 公 の 交 通 は いつまでたっても 始 まらない( 一 味 同 心 も 公 のために 私 を 抑 えることが 要 求 される あるいは 公 にかなわない 私 は 集 団 から 排 除 される 23) ) 中 世 の 公 ( 共 ) の 水 脈 は むしろ 私 の 人 格 化 の 中 に その 基 盤 を 探 っていく 必 要 がある この 点 で 東 島 誠 が 公 共 の 脱 領 域 化 を 試 みるため 石 母 田 を 参 照 しな がら 交 通 に 着 目 することは 注 目 される そこから 他 者 との 交 通 を 回 復 させる 可 能 態 (デュナミス) 的 用 語 としての 江 湖 などが 自 在 に 取 り 上 げら れる したがって 公 共 圏 の 歴 史 的 創 造 江 湖 の 思 想 へ という 書 題 に 現 れた 公 共 圏 とは かつて 存 在 した 実 体 的 な 概 念 ではなく むしろその 不 在 ゆえに 歴 史 的 に 創 造 されるべきものという 立 場 なのだが しかし それが やはり 空 間 的 な 概 念 として 受 けとめられやすいという 点 では 問 題 が 残 る また 一 挙 に 歴 史 的 創 造 のための 可 能 態 的 用 語 に 飛 ぶ 前 に それが 現 実 態 (エネルゲイア) 現 在 の 現 実 態 はやはり 公 共 となろう にどのように 移 行 していったのか その 運 動 (キネシス)を 歴 史 的 に 確 認 しなければ 可 能 態 は いつも 可 能 態 のまま 終 わることにもなりかねない また 交 通 するためには 交 通 する 主 体 ( 私 )の 問 題 が 欠 かせない そ 23) この 点 については 石 母 田 が 次 のように 述 べていることが 参 考 になろう 一 揆 という 在 地 領 主 の 形 成 する 連 合 体 は 法 制 定 の 主 体 であるとともに 一 つの 権 力 の 主 体 であった その 権 力 は 一 揆 がその 構 成 員 にたいしてもつ 独 自 の 命 令 権 または 沙 汰 権 であり この 集 団 はたんなる 一 味 同 心 や 水 魚 の 思 という 理 念 だけによって 結 合 しているのではない(な おこれらの 理 念 はいわゆる 惣 領 制 的 結 合 にも 存 在 する )この 命 令 権 による 強 制 力 なしには い かなる 一 揆 契 約 も 有 効 とならず 集 団 として 共 通 の 行 動 もあり 得 ないだろう この 命 令 権 をささえ ているのは 集 団 がもつ 制 裁 権 または 刑 罰 権 であり 衆 中 成 敗 権 がそれにあたる それは 擯 出 または 衆 中 を 放 つ という 共 同 体 からの 排 除 または 追 放 を 基 本 とし 事 情 によって は 死 罪 以 下 の 重 罪 をも 科 し 得 るし また 神 宝 を 振 る という 特 殊 な 形 もあり 得 る ( 石 母 田 正 著 作 集 第 8 巻 岩 波 書 店 頁 初 出 は 中 世 政 治 社 会 思 想 上 解 説 日 本 思 想 大 系 21 岩 波 書 店 1972)

22 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 ( 片 岡 龍 ) 19 の 主 体 が 果 たして 交 通 を 可 能 とする 主 体 ( 領 域 画 定 的 主 体 ではなく 対 話 共 働 的 主 体 )になり 得 ているかを まずは 中 世 における 私 の 人 格 化 の 過 程 の 中 に 探 る 必 要 がある こうした 点 で 韓 国 の 参 加 共 働 的 ㆍ 対 話 的 な 公 共 の 展 開 過 程 や その 24) 歴 史 的 背 景 をいっそう 明 らかにし それと 呼 応 する 日 本 の 所 衆 談 合 公 議 輿 論 等 が 25) 現 在 の 現 実 態 としての 公 共 にどうつながるかを 改 めて 検 討 し 直 し それと 同 時 に 対 話 共 働 的 な 主 体 を 日 本 の 私 の 伝 統 に 探 り それをまた 韓 国 の 場 合 とも 対 照 してみることが 今 後 の 課 題 の 方 向 性 となろ う なぜなら 前 近 代 日 本 の 公 共 観 の 特 徴 は (1) 私 の 人 格 化 (2)それ が 公 と 交 通 しないところにあるが (1)を 活 かしながら(2)を 克 服 してい くためには 日 本 の 枠 内 だけでこの 問 題 を 考 えることは もはや 許 されないから である 논문투고일 : 논문심사일 : 심사확정일 : 인적 사항 성명 : (한글) 가타오카 류, (한자) 片 岡 龍, (영어) Kataoka Ryu 소속 : 東 北 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科 논문영문제목 : The Characteristics of the Public and Private Idea in Premodern Japan 주소 : 宮 城 県 仙 台 市 青 葉 区 川 内 27 1 東 北 大 学 文 学 研 究 科 E mail : 24) 新 羅 の 麻 立 干 を 中 心 とした 合 議 制 (5 世 紀 以 前 ) それをうけた 統 一 新 羅 の 和 白 高 麗 の 都 評 議 使 司 (1279) それを 承 けた 朝 鮮 王 朝 の 議 政 府 (1400)の 伝 統 などが 考 えられ る 25) 早 くは 憲 法 十 七 条 第 17 条 の 大 事 不 可 独 断 必 与 衆 宜 論 なども 挙 げられる

23 20 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) <국문요지> 일본에서는 국가의 범위 내에서 공공 과 공사 관계를 고찰하는 경향이 강하며 현재도 그러하 다. 본고는 1그 역사적 연유를 전근대 일본의 공공관의 특징 私 가 公 에 회수되는 공/사의 구조에 서 찾으며, 2전근대 한국의 공공관의 특징(참가 공동성 共 働 性 )과의 비교를 통하여, 일본의 공공관 을 넓게 동아시아의 문맥에서 위정함으로써, 3기존의 서양 중심의 공공 관에 대한 새로운 공공 관을 함께 만들어가는 준비가 될 것을 기도하였다. 주제어: 조선왕조실록, 여헌 장현광, 마루야마 마사오, 공사, 공론

24 21 류큐( 琉 球 )왕국(오키나와)의 의사 결정체계에 관한 고찰 * 鄭 夏 美 Abstract Through a close examination of the channels through which reports concerning the Chosun castaways who landed on Kerama Island in 1733 were conveyed to governmental authorities, this paper was able to verify the hierarchical decision making system between the Ryukyu Kingdom and the Japanese government through Satsuma s official. As a result, this paper was able to confirm several characteristics of the so called autonomous Ryukyu Kingdom that are alien to modern day nations; in short, the Ryukyu Kingdom made all its decisions from subordinate position to the Satsuma s official. Especially concerning the dates and methods of the repatriation of the Chosun castaways, the influence of Japanese Satsuma authorities strongly swayed the decisions of the Ryukyu Kingdom, confirming it as a lesser political entity. Moreover, this paper was able to confirm not only the identities of the crew but also that the ship that repatriated the castaways was not a regular tributary vessel but a chartered one. Hence, this paper was able to assess that the repatriation of castaways was one method through which Japan and China conducted indirect trade. By studying the means of dialogue and communication between the Ryukyu Kingdom s administrative officials and the castaways and by researching how interpreters were trained to provide adequate human resources, this paper also presents a comparison of this communication prior to and after ) Keywords : Ryukyu Kingdom, Chosun castaways, chartered vessel, interpreter, Satsuma s official 들어가며 일본의 남서부의 최서단에 위치하고 있는 오키나와현은 메이지정부가 단 행한 류큐처분 으로 일본영토가 되었다. 제2차 세계대전 후 미국에 점령되었 다가 복귀 하면서 지금도 미군 기지 문제 등을 둘러싸고 일본 본토와 갈등 을 빚고 있는 곳이기도 하다. 일본의 식민지 로서 침략과 동화정책에 의하여 편입된 역사를 가진 경계로서의 지역성 을 가지고 있다. 1) 메이지 이전, 시마 * 한양대학교 교수

25 22 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) 즈번(가고시마현)의 공격으로 1609년부터 실질적으로 일본의 지배를 받았으 나 동시에 중국의 책봉을 받아, 근대적인 국제질서상에서 보면 기이한 형태 인 양속 체제로 이중 지배하에 있었고 중국과 일본사이의 간접 외교를 통해 독립왕국을 유지하였다. 본 연구는 이러한 류큐왕국의 특성이 조선인 표류민에 대한 대응과정에 드러나 있다는 점에 착목하여 조선인 표류민이 류큐왕국에 의하여 중국으로 송환되는 과정을 살펴봄으로써 류큐왕국의 특이성을 규명하고자한다. 류큐왕 국의 보고체계와 다양한 부서간의 행정협력이 표류민을 둘러싼 왕부의 의사 결정과 어떠한 관련이 있는 지 알게 될 것이다. 류큐왕국은 표착한 조선 표류민을 중국으로 보내어 본국으로 돌려보내는 송환절차를 따르고 있었다. 2) 사실상 국교가 단절된 조선후기에는 이런 형태 의 표류민 송환만이 유일한 류큐와의 외교였다. 따라서 류큐왕국에 대한 연 구는 이러한 제한적인 조선인 표류민 송환체제에 연구자의 관심이 집중되었 다. 그러나 표류민 송환의 과정에서 류큐왕국의 내국에서 어떠한 절차와 과 정을 거쳤는지에 대한 연구는 지금까지 이루어지지 않았다. 본 연구의 관심 이 류큐왕국의 행정체계에 있는 만큼 기본 연구자료로 류큐왕국의 의결기관 인 評 定 所 가 작성한 琉 球 王 国 評 定 所 文 書 3) 를 사용하였다. 시간축으로 구성 되어 있고 관계부서가 교환한 문서를 그대로 수록하고 있어 행정부서간의 연 결체계를 알 수 있어 의사결정과정을 확인하는데 도움이 되기 때문이다. 구 체적인 자료에 나타난 표류민과의 소통과정도 확인할 수 있으므로 통역이 어 떻게 이루어졌는지도 확인하는 것도 가능하다. 동아시아의 책봉체제에서 류큐가 중국과의 관계를 유지하고 있는 이유는 책봉체제만 유지하면 교역이 성립되기 때문으로 표류민을 송환하는 과정에서 도 이러한 교역에의 관심이 내재되어 있다. 진공선, 접공선, 마랑선 등 다양 한 선박을 이용해 중국으로 표류민을 송환하는 과정에서 류큐왕국이 중국과 의 책봉과 교역관계를 어떻게 이해했는지 드러난다. 1) 小 熊 英 二 (1988), < 日 本 人 >の 境 界 4쪽, 新 潮 社 2) 1684년부터 류큐는 나가사키를 경유하지 않고 직접 중국 복건으로 송환하는 방침으로 바꾸 었다. 西 里 喜 行 (2005), 清 末 中 琉 関 係 史 の 研 究 59쪽, 京 都 大 学 出 版 会 3) 이하 琉 球 王 国 評 定 所 文 書 編 集 委 員 会 編 琉 球 王 国 評 定 所 文 書 (1988)1권, 浦 添 市 教 育 委 員 会 를 評 定 所 文 書 라고 표기함

26 류큐( 琉 球 )왕국(오키나와)의 의사 결정체계에 관한 고찰 ( 鄭 夏 美 ) 류큐왕국의 보고체계 1733년 11월 29일 조선인 남녀 11명이 탄 선박이 류큐왕국의 게라마섬에 표착하였다. 이들은 해남에서 거제로 가려던 어민과 가족들이었다. 4) 게라마 섬은 오키나와현의 나하시에서 서쪽으로 40킬로미터 정도 떨어져 있는 20여 개의 섬으로 19.23킬로미터의 공간안에 있으며 현재의 행정구획으로는 渡 嘉 敷 村 와 座 間 味 村 으로 나뉘어지는 지역이며 당시에도 渡 嘉 敷 마기리( 間 切 )와 座 間 味 마기리 5) 라는 행정구획으로 나뉘어져 있었다. 표류민을 발견한 것은 座 間 味 마기리의 遠 目 番 人 이다. 遠 目 番 이란 특히 중국에의 항로나 사츠마의 항로에 있는 게라마, 久 米 島, 粟 国 ㆍ 渡 名 喜 ㆍ 伊 平 屋 ㆍ 伊 江 섬 등에 봉화대를 설치하고 바다를 전망하여 선박의 이동을 알리는 역할을 하는 곳이다. 이들 이 수상한 선박(이국선 등)을 발견하는 것이다. 6) 선박을 준비하였다가 중국 선 등이 보일 경우 이들을 선도하거나 경호하는역할을 하였다. 게라마섬의 遠 目 番 人 은 이들을 발견하자 곧 助 船 으로 상륙을 돕고 사와쿠 리 7) 와 고요코메(경찰과 같은 기능)와 함께 외견상으로 표류민이 조선임임을 확인한다. 당면한 이들의 일은 표류민에게 죽을 주고 마을 인가를 비워 울타 리를 쳐서 숙소를 마련하고 저녁을 제공하고 당번으로 이를 지키는 것이다. 그리고 당사자들에게 신분을 증명하는 서류를 받고 문답상황이나 소지품등을 검사하여 기록하는 것이다. 게라마섬에 있는 중앙관청 사스노소바( 御 鎖 之 側 ) 의 출장기관 관리인 在 番 嘉 手 川 치쿠둔 페칭( 筑 登 之 親 雲 上 )은 이 사실을 문 서로 작성하고 오웻키( 大 掟 ) 仲 村 渠 にや가 飛 船 을 타고 나하로 건너가 사건 접수 당일 사스노소바에게 이 사실을 전달한다. 遠 目 番 과 재번은 마기리 지방 행정의 말단기관인 것이다. <표 1>은 이러한 마기리의 행정조직을 표로 나타 낸 것이다. 마기리의 관리는 신분상으로는 농민이다. 4) 정하미(2015), 표착민의 신원 및 류큐왕국의 대우, 일본학보 104집 5) 마는 장소 방면을 뜻하고 기리는 구획을 의미한다고 한다 上 野 重 義 (1989) 沖 縄 における 旧 慣 間 切 内 法 ㆍ 村 内 法 の 類 型 的 考 察 九 大 農 学 芸 誌 (Sci.Bull. Fac. Agr.,K yushu Univ.) 第 44 巻 第 1ㆍ2 号 ) 渡 辺 美 季 近 世 琉 球 における 対 異 国 船 漂 着 体 制 - 中 国 人 ㆍ 朝 鮮 人 ㆍ 出 所 不 明 の 異 国 人 の 漂 着 に 備 えて- ( 琉 球 王 国 評 定 所 文 書 編 集 委 員 会 編 琉 球 王 国 評 定 所 文 書 補 遺 別 巻 浦 添 市 教 育 委 員 会 2002 年 1 月 ) 7) 사와쿠리는 捌 理 라고 쓰는데 슈이우야쿠( 首 里 大 屋 子 ), 우웻치( 大 掟 ), 페웃치( 南 風 ) 니시웃 치( 西 掟 )를 말한다. 사무처리자라는 뜻이라고 한다. 北 谷 町 教 育 委 員 会 (1996) 北 谷 町 の 自 然 ㆍ 歴 史 ㆍ 文 化

27 24 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) <표1> 1733년 시점의 게라마섬 지방행정기구표 중 표류민 관련 기관을 제시하였다. 北 谷 町 教 育 委 員 会 (1996) 北 谷 町 の 自 然 ㆍ 歴 史 ㆍ 文 化 를 참조하고 琉 球 王 国 評 定 所 文 書 第 1 巻 朝 鮮 人 拾 壱 人 慶 良 間 漂 着 馬 艦 船 を 以 送 越 候 日 記 ( 三 二 〇 号 )에서 작성. 사스노소바는 류큐왕국의 중앙 기관으로 외교, 문교역할을 담당하는 부서 이다. 부서명도 부서의 장도 사스노소바라고 호칭한다. 나하 지역의 감독관이 기도 하며 대외 교역을 책임지는 부서이기도 하고 표류민 관련사안을 처리하 는 주관 부서이다. 당시 사스노소바의 장관은 후나고시( 富 名 腰 ) 페칭 8) ( 親 雲 上 )이고 차관급은 安 次 富 親 雲 上 닛초누시도리( 日 帳 主 取 )라고 일컫는다. 주관 부서 사스노소바를 파약하기 위하여 당시의 행정기구 전체를 보기로 하자. 우선 류큐왕국은 국왕체제이고 당시 국왕은 尚 敬 王 ( )으로 제 2 상씨 왕조 13대 국왕이다. 그 아래에 섭정과 삼사관이 있다. 당시의 섭정은 北 谷 王 子 9)이다. 실질적으로 정치에 참여하지 않으므로 의사 결정의 최종 책 임자는 삼사관이라고 볼 수 있다. 실질적인 행정의 최고 책임자이고 재상에 상당한다. 3인제이고 신분 위계는 웨가다( 親 方 )에서 선발되었다. 당시의 삼사 관은 向 和 聲 ㆍ 伊 江 親 方 朝 叙 ( ), 毛 秉 仁 ㆍ 美 里 親 方 安 満 ( ), 8) 류큐왕국의 위계의 호칭으로 사족은 모두 페칭이라고 부른다. 子 筑 登 之 (치쿠둔) 筑 登 之 親 雲 上 (치쿠둔 페칭) 親 雲 上 (페칭)이 출세의 순서이다. 9) 北 谷 를 영지로 하는 왕족이고 尚 敬 王 의 섭정으로 18년간 섭정의 직위에 있었다. 섭정은 상 설관직이고 국왕보좌 및 삼사관에게 조언하는 역할이지만 통상은 의례적인 역할이고 왕족에 서 선발되었다.

28 류큐(琉球)왕국(오키나와)의 의사 결정체계에 관한 고찰 (鄭夏美) 25 蔡温ㆍ具志頭親方文若( )의 3명이다.10) 삼사관에 소속되어있는 중앙관청기구는 다시 모시구치호(申口方)와 모노 부교(物奉行)로 나뉜다. 사스노소바는 모시구치호에 소속된 기관이다. 이외에 모시구치호에 소속된 기관으로는 표류민 수용시설이 있는 도마리를 관할하는 도마리 지토(泊地頭)가 있다.11) 모시구치호(申口方)와 모노부교(物奉行)의 장 과 차관급에 해당되는 중요인물 15인을 오모테 15인이라고 부르고 앞서 설명 한 삼사관과 더불어 평정소를 구성하고 있고 이 기관간의 교환서류가 琉球 王国評定所文書 에 수록되는 것이다. <표2참조> <표2> 1733년 시점의 수리 왕부 행정기구 중 표류민 관련 업무담당기관과 담당자명을 제시하였다. 10) 중국이름과 류큐이름을 동시에 가지고 있다. 그 중 蔡温은 蔡氏志多伯家11세이며 久米三 十六姓출신이다. 사츠마번과 가까이하는 이점을 주장하는 현실주의자였다. 1708년부터 2년 간 통사로서 중국에 체재하였으며 1728년에 삼사관으로 취임하여 1753년까지 25년간 삼사 관의 직위에 있었던 근세 류큐왕국을 대표하는 정치가이다. 11) 민덕기(1999) 琉球의 역사 조선과 유구 21 22쪽, 간략한 행정기구의 소개와 1733년 당 시의 삼사관 중 한명인 薺溫에 대한 소개가 있다.

29 26 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) 2. 표류민 관련 기구의 의사결정 나하의 사스노소바에 전달된 보고서는 그 뒤 어떻게 되었을까? 표착 다음 날인 12월 1일 서류를 전달받은 후나고시 페칭은 이를 삼사관 伊 江 親 方 에게 보이기 위하여(상람) 당시의 영빈관인 東 苑 = 崎 山 御 茶 屋 12)에 가져갔다. 먼저 상부기구 삼사관인 伊 江 親 方 에게 보고하고 있음을 알 수 있다. 그리고 이번에는 츠게야쿠( 附 役 )라는 직함의 日 高 十 左 衛 門 에게 전달하여 이를 御 在 番 所 에 보고하고 있는데 御 在 番 所 는 사츠마번의 출장기관으로 나 하에 있고 20명 정도가 상근한다. 13) 여기에는 임기 3년마다 교체되는 사츠마 에서 건너온 在 番 奉 行 가 있다. 日 高 十 左 衛 門 을 통해 문의한 결과 몇년 전에 오키노에라부섬에 표착하였던 조선인을 도마리에 두었다가 송환한 전례가 있 으므로 例 之 通 諸 事 可 라는 답변을 받았다. 앞으로 진행할 구체적인 행동의 기준이 사츠마번의 재가에서 비롯된 점이 특기할 만하다. 12월 2일에는 삼사관인 伊 江 親 方 모노부교( 御 物 奉 行 ) 伊 野 波 親 方, 사스노 소바의 후나고시 親 雲 上, 사스노소바의 차관급인 日 帳 主 取 安 次 富 親 雲 등이 나하에 있는 사토누시죠 14) 에 모인후 伊 野 波 親 方 와 후나고시페칭 둘이 다시 日 高 十 左 衛 門 의 旅 宿 에 가서 시다테( 仕 立 船 )선박으로 다음 해 봄에 송환할 것을 결정하고 있다. 시다테( 仕 立 船 )선박이란 임시선박 대절선박을 말한다. 선례로는 宝 永 元 申 年 御 条 書 즉 1704년에 제정된 후에 기본 원칙이 된 본선 으로 가지 못하는 경우 仕 立 船 를 하도록 정한 조례를 들고 있다. 실제로 1718년에도 (강희 57년)야에야마에 표착한 중국인이 본선으로 갈 수 없어 15) 仕 立 船 를 타고 갔으므로 이번 경우도 仕 立 船 으로 내년 봄에 갈 것으로 확정 하였다. 중국으로 송환하는 것은 선례에 의한 것이고 진공선, 접공선 16) 이라 12) 책봉사일행의 접대를 하는 가무음곡의 피고나 시가 교환 향응접대를 하는 경승지이다. 2차 대전시기에 파괴되었다. 2006년 御 茶 屋 御 殿 の 早 期 復 元 ㆍ 整 備 を 求 める 意 見 書 가 那 覇 市 議 会 에 의하여 제출된 바 있다. 13) 1631년부터 1872년까지 존속하였던 사츠마번의 기관으로 사츠마, 일본의 류큐지배의 거점 이다. 14) 나하도시행정이나 사츠마번재번부교쇼와의 접섭, 당선등의 사무를 관장하는 기관이다. 15) 본선으로 갈 수 없다는 것은 표류민이 타고온 선박이 침수하였거나 파손되어 그 선박으로 송환할 수 없다는 것을 말한다. 16) 진공사가 베이징에서 복건으로 돌아오는 것을 기다리며 돌아오는 진공사를 마중가는 접공 선이 시작된 것은 1678년부터라고 한다. 그 결과 2년에 1년의 조공이지만 접공선이 가게 된 이후에는 매년 무역선을 보내는 효과를 얻었다. 紙 屋 敦 之 (2003) 琉 球 と 日 本 ㆍ 中 国 山 川

30 류큐( 琉 球 )왕국(오키나와)의 의사 결정체계에 관한 고찰 ( 鄭 夏 美 ) 27 고 하는 정례적인 중국에의 선박으로 송환할 것인지, 시다데선박으로 할 지 를 결정하는 것인데 여기에서도 중요한 역할을 日 高 十 左 衛 門 이 하고 있다. 중국에의 선박선택, 송환방법에 관한 문제에 대한 의사 결정권이 御 在 番 所 에 있다는 점이 드러난다. 6일만인 12월 4일 조선인 표류자들은 표류민수용센터가 있는 도마리로 이 동하였는데 이 날 사츠마의 재번 부교( 在 番 奉 行 ) 蒲 生 十 郎 左 衛 門, 요코메( 横 目 ) 坂 元 仁 右 衛 門 ㆍ 川 西 平 左 衛 門, 스키슈( 付 衆 ) 日 高 十 左 衛 門 ㆍ 桐 野 仲 左 衛 門, 筆 者 橋 口 源 之 進, 与 力 有 馬 藤 右 衛 門, 足 軽 四 元 覚 助 ㆍ 田 中 喜 左 衛 門 등이 직 접 도마리를 방문하였다. 그리고 이들은 伊 波 親 雲 上 의 마당에 가서 장막 뒤 에서 이들을 지켜보고 조사하고 있다. 통상적으로 이러한 절차는 사스노소바의 관리에 의하여 진행되는 것인데 이렇게 이례적으로( 先 例 ニ 相 替 ) 사츠마의 관리가 나타났으므로 이 사실은 급 하게 전달되어 섭정과 삼사관인 北 谷 王 子 ㆍ 伊 江 親 方 가 도마리에 달려왔다. 섭정과 삼사관은 이 사실을 예기치 못하였으므로 사츠마번측이 귀가한 후에 이들이 도착하고 말았다.재번 부교가 도마리의 현장에 나타남으로 말미암아 류큐왕국의 섭정인 北 谷 王 子 가 등장하게 되었던 것이다. 이러한 일련의 대처에서 보면 표류민 관련 대처는 류큐왕국의 주무부서인 사스노소바의 실무적 판단에 의거한 것이고 이 과정에서 상부인 삼사관이나 섭정에 보고가 이루어지는 것이지만 중요한 의사 결정에서는 사츠마번의 재 번소의 의향이 우선되었다고 보여진다. 특히 송환의 시기, 송환선박의 결정에 깊이 관여하고 있다. 류큐왕국의 주체성을 강조한 표현으로는 가라, 야마토 의 도리아이 ( 唐 ㆍ 大 和 の 御 取 り 合 い) 17) 라는 표현이 사용되고 있는데 이는 주체적으로 가라(중국)과 야마토(일본)사이에서 균형을 유지한다는 뜻인데 그 럼에도 표류민을 둘러싼 판단을 살펴볼 때 사츠마에 대한 종속도가 높다고 판단된다. 지역적으로는 게라마섬의 재번인 나하의 사스노소바 나하의 사츠 마의 재번소 도마리의 기관 등 4곳이 연계되어 신속하게 처리 되고 있고 사 츠마의 재번소가 중요한 역할을 하고 있음을 알 수 있다. <표3>은 이러한 보 고체계와 의사결정기관의 연계과정을 표로 한 것이다. 出 版 社, 50쪽 17) 豊 見 山 和 行 (2010) 敗 者 の 戦 略 としての 琉 球 外 交 唐 ㆍ 大 和 の 御 取 合 を 飼 い 慣 らす 史 苑 第 70 巻 2 号

31 28 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) <표3> 1733년 조선인 표류민에 대한 왕부기관의 의사결정 개념도 3. 마랑선 결정과 구성 앞서 살펴 본바와 같이 1733년의 표류민의 경우 이들이 표착한 13일 후인 12월 12일에는 상기와 같은 의사결정체계를 거쳐 仕 立 船 에 의한 송환이 확 정되었다. 진공선은 2년에 1번 중국으로 조공하는 것이 허용되었는데 중국 복건에 정박하여 일부는 남고 진공사는 북경까지 간다. 그동안 진공선은 다 시 류큐로 돌아오고 다음해 북경에서 돌아오는 진공사 일행을 태우러 접공선 이 가서 일행을 태우고 돌아오는 것이다. 가는 길은 진공선을 타고 돌아오는 길은 접공선을 타고 오지만 진공선도 빈 선박으로 돌아오는 것이 아니므로 결국 1년에 1회씩 교역의 기회가 생기게 된다. 2년에 1번이라는 무역의 기회 를 접공선을 이용함으로써 실질적으로는 1년에 1회의 교역효과를 보게 한 것 이다. 그럼에도 임시 대절 선박인 마랑선을 표류민 송환에 이용하는 것은 무 역에 대한 내재된 의지를 보여주는 것이라고 볼 수 있다. 12월 15일에는 마랑선을 통제하는 宰 領 으로서 중국에 건너 갈 인원이 확 정되었다. 중국과의 소통에 필요한 대통사는 仲 井 真 里 之 子 親 雲 上 이고 통솔 하는 역할인 宰 領 人 으로 田 湊 里 之 子 親 雲 上, 総 官 은 安 富 祖 里 之 子 으로 인선 이 정하여지고 선박의 선장( 船 頭 )은 与 那 嶺 筑 登 之 親 雲 上 으로 결정되었다. 정월이 지난 후 1월 9일이 되자 馬 艦 船 의 佐 事 와 水 主 를 정하라는 시달이 나온다. 규정대로( 御 法 様 之 通 )하되, 하루만인 1월 10일까지 제출하라는 시달

32 류큐( 琉 球 )왕국(오키나와)의 의사 결정체계에 관한 고찰 ( 鄭 夏 美 ) 29 이다. 그 결과 다음날인 10일에 5명의 佐 事 를 정하여 명단을 제출하고 御 船 手 奉 行 照 屋 親 雲 上 이 이에 서명하고 있다. 5명의 佐 事 는 다음과 같다. 1) 大 唐 船 佐 事 御 雇 久 米 村 大 嶺 筑 登 之 親 雲 上, 2) 接 貢 佐 事 御 雇 座 間 味 間 切 慶 留 間 村 西 平 筑 登 之 親 雲 上 3) 大 唐 船 佐 事 御 雇 渡 地 村 和 宇 慶 筑 登 之 4) 小 唐 船 定 加 子 御 雇 西 村 宮 城 にや 5) 接 貢 定 加 子 泉 崎 村 新 垣 にや 위에 기술된 대당선, 소당선은 진공선을 의미하므로 진공선경험이 있다는 뜻이고 접공은 접공선 승선 경험이 있음을 뜻한다. 경험여부를 기재하고 佐 事, 定 加 子 는 숙련의 정도에 의한 구분으로 기재한 다음 출신 마을과 성명이 기재되었다. 선발기준은 人 柄 見 合 이므로 적합한 인물인지가 기준이었음을 알 수 있다. 이어 20명의 수부에 해당하는 加 子 도 역시 10일에 지명이 완료 되었다. 명단에 기재된 선발인원은 다음과 같다. 경험유무 인원 출신지 이름 御 雇 久 米 村 平 良 にや. 대당선승선 경험자이면 3인 渡 地 村 玉 城 にや 서 定 加 子 인 자 渡 嘉 敷 間 切 金 城 にや 久 米 村 加 子 17인 小 橋 川 にや 외 16인 외 여러지역 이를 보면 인선이 극히 단기간에 이루어졌다는 것을 알 수 있다. 일반적인 도당선의 규정보다는 소규모이며 (일반적으로는 26명이상이라고 한다) 임시 선박이고 공용선이 아니지만 언제든지 떠날 수 있도록 준비되어 있으며 중요 한 역할을 하는 佐 事 5명은 전원 중국도항경험자이며 加 子 총 20인중 좀 더 숙련을 요하는 定 加 子 3명역시 모두 중국도항경험자이다. 2월 5일에는 중국에 갈 마랑선을 장식할 깃발 ( ほうさ 御 前 てた 旗 壱 但, 日 丸 共, 大 檣 むかてはた 壱 筋 但, 日 丸 共, 弥 帆 檣 はた 壱 筋, 大 檣 風 見 はた 壱, 弥 帆 檣 同 はた 壱, 七 星 はた 壱 但, むかてはた 共 振 はた 弐 ツ) 을 빌리고 있 다. 진공선에 사용하는 깃발을 빌려 장착함으로써 사적인 선박이고 임시 대

33 30 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) 절 선박인 마랑선에 공적인 요소를 가미하고 있음을 알 수 있다. 당시 류큐왕부는 가고시마 항로에 楷 船, 運 送 船, 馬 艦 船 (2 艘 )의 계 5척을 보유하고 있었고 중국 福 州 航 路 에는 進 貢 船 (2 艘 )과 接 貢 船, 계3 艘 의 정기편 선박을 가지고 있었다고 한다. 18) 그러나 이 범주에 들어가지 않는 마랑선을 신속히 중국 이동 준비를 하여 표착한 지 3개월 남짓 지난 3월 9일 중국 복 건을 향하였다. 4. 조선어 통사 표류민이 게라마섬에 표착한 날 언어가 통하지 않았음에도 19) 조선인으로 보였다고 기재하고 있는 것은 아마도 복장이나 두발모양 등 외견상으로 조선 인임을 확인하였기 때문이다. 게라마섬에서는 통역의 역할을 한 사람이 보이 지 않는다. 12월 4일 표류민 수용센터가 있는 도마리에 왔을 때 구메무라 通 事 宜 寿 次 通 事 親 雲 上, 泊 頭 取 糸 洲 親 雲 上, 大 和 横 目 西 銘 筑 登 之 親 雲 上 이 배를 타고 나가 게라마에서 온 선박에 올라가 조사를 행하는데 이때 처음으 로 통사가 등장한다. 중국어 통사로는 명나라에서 1392년, 혹은 1398년에 도 래하여 구메무라에 정착하였다는 구메무라 36씨가 잘 알려져 있는데 이들에 대하여 조선 왕조실록 (성종 10년)에 唐 人 商 販 來 有 因 居 者 라는 기록이 남아 있는 것을 보아 장사를 위하여 중국에서 류큐로 건너간 사람들이 구메무라에 정착한 것으로 보인다. 중국왕조와 책봉관계가 있는 류큐는 중국계의 집락인 구메무라 출신자를 대개 통사로 하고 중국의 국자감에 유학을 시키거나 복건 의 류큐관에 두거나 진공사를 수행하는 통사로 양성하였다. 지금 현대에 6대 오키나와현의 지사를 하고 있는 仲 井 眞 弘 는 구메무라 36성씨 중 蔡 氏 의 자 손이라고 한다. 1733년의 표류민을 담당한 구메무라 다이유인 仲 井 間 親 雲 上 (나가이마)는 역시 구메무라의 인물이다. 지금 현재는 13가문정도가 남아 있 다고 한다. 20) 18) 豊 見 山 和 行 (1996) 近 世 中 期 における 琉 球 王 国 の 対 薩 摩 外 交 ( 新 しい 近 世 史 2 国 家 と 対 外 関 係 新 人 物 往 来 社 ) 頁 19) 評 定 所 文 書 64쪽 言 語 一 円 不 相 達 20) 伊 波 和 正 (1996) 琉 球 王 国 の 通 訳 者 沖 縄 国 際 大 学 公 開 講 座 委 員 会 編 ㆍ 発 行 沖 縄 国 際 大 学 公 開 講 座 1 琉 球 王 国 の 時 代

34 류큐( 琉 球 )왕국(오키나와)의 의사 결정체계에 관한 고찰 ( 鄭 夏 美 ) 31 구메무라출신 통사는 若 秀 才 -> 秀 才 -> 通 事 -> 副 通 事 -> 都 通 事 -> 中 議 大 夫 -> 正 義 大 夫 -> 紫 金 大 夫 의 순서로 승진한다. 그런데 도마리에 등 장한 구메무라의 大 夫 와는 말이 통하지 않았다고 하는데 언어, 문자가 되지 않았다고 하는 것을 보아 통용문자인 한자의 해독력이 표류민에게 없었다는 것을 의미한다. 다만 泊 村 의 具 志 堅 筑 登 之 만이 거제에서 온 사람과 말이 통 하였다고 기록하고 있다. 具 志 堅 筑 登 之 가 조선어 통사일 가능성에 대하여 언급하고 있는 연구자도 있지만 21) 그 후에는 具 志 堅 筑 登 之 이 특별하게 소통을 잘 한 흔적은 없다. 12월 4일 게라마에서 도마리로 이동한 朝 鮮 人 표류민들은 피로감에서인지 소주를 소망하였는데 이때 손짓으로( 焼 酎 望 之 段 手 様 ニ 而 申 懸 り 候 ) 22) 하였 다는 것을 보아 문자나 언어로 불가능하였다. 1733년의 표류민 중에는 임신 한 여성이 있고 12월 26일에 출산하였는데 이들이 산후에는 불을 쬐고 닭고 기를 약으로 사용한다는 것 역시 손짓으로 알리고 물품을 신청한 23) 것을 보 아 계속 손짓( 手 様 )에 의존하였음을 알 수 있다. 2월 17일에는 병이 난 사람 이 발생하여 약을 부탁하였는데 역시 24) 손짓으로 알리고 있다. 조선어 통역 이 있었다고 보기 어려운 대목이다. 그런데 이보다 60년 정도 경과한 1794년에 류큐의 본섬북쪽에 표착한 조 선인이 있어, 이 경우 육로로 사스노소바 관리가 파견되었는데 이때 구메무 라출신의 통사가 동행하고 있다. 그러나 2월2일 이들과 만난 통사가 본국 및 종교를 물었지만 언어가 통하지 않았고 서면으로 물은 결과 전라도 강진사람 인지 알게 되었다고 한다. 25) 이 표류민 일행들은 전례에 따라 도마리에 호송 되고 2월 19일에 久 米 村 大 夫 弐 人 主 従 三 人 ツヽ 一 通 事 壱 人 主 従 이외에 朝 鮮 通 事 壱 人 壱 身 과 만났다고 적혀 있다. 조선통사라는 타이틀로 이름도 久 場 筑 登 之 親 雲 上 라고 기재되어 있는데 조선통사라는 이름으로는 남아있는 자료 중 처음 등장한 셈이다. 이들과 통사가 만난 도마리에서의 기재 중 이례적인 표현이 있었다. 구메무라통사와 선년 표착한 조선인으로부터 粗 言 葉 를 전수 21) 池 内 敏 (1998) 近 世 日 本 と 朝 鮮 漂 流 民 臨 川 書 店 75쪽 22) 評 定 所 文 書 72쪽 23) 一 産 後 ニハ 爰 元 之 様 ニ 火 を 当 庭 鳥 等 も 薬 ニ 用 候 由 手 様 ニ 而 番 人 江 相 達 候 段 評 定 所 文 書 76쪽 24) 漂 着 朝 鮮 人 之 内 病 人 有 之 薬 仕 度 旨 手 様 ニ 而 相 通 申 候 付 相 渡 申 候 評 定 所 文 書 1권 91쪽 25) 通 事 を 以 本 国 ㆍ 宗 旨 相 尋 候 処 言 語 不 通 候 故 書 付 を 以 問 尋 候 処 評 定 所 文 書 1권 308쪽

35 32 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) 받은 자가 함께 문답 하였다고 되어 있는 점이다. 따라서 이전에 粗 言 葉 를 전수받은 자가 久 場 筑 登 之 親 雲 上 라고 추정되고 이전 표착한 사람으로부터 개략적인 표현을 학습하게 된 사람이라는 것을 알 수있다. 26) 그러나 결국 언어가 그리 잘 통하지는 않았고 전라도 강진사람이라는 것 외에 서울에 물건을 상납하러 가는 길에 1월 7일에 출선하다가 풍파를 만났 고 19일에 표착하였다는 것을 새로이 알아 들었다고 적고 있다. 1856년의 評 定 所 文 書 기록 鳥 島 より 送 来 候 漂 着 朝 鮮 人 介 抱 日 記 ( 咸 豊 六 年 ) (1554호) 에서는 9월 23일 硫 黄 鳥 島 에 표착한 조선인 6명을 다음해 10월9일 접공선으로 중국 복건에 보낸 경위를 쓴 행정일지가 있는데 여기에 는 조선어 통역이 가능한 松 茂 良 筑 登 之 가 등장한다. 여기에서 표류민 수용센 터를 책임지고 있는 도마리 도도리는 조선어 통역의 체제강화나 대우개선을 요구하고 도마리도도리의 진정문서에 의하면 조선어 통사의 근무평가 점수가 5점에 불과하여 어려운 직무임에도 상응하는 평가를 받지 못하고 있다는 점 을 들어 평가를 7점으로 올려주기를 요구하면서 만약 처우개선이 기능하다 면 松 茂 良 筑 登 之 의 補 佐 役 으로 屋 良 筑 登 之 ( 泊 村 28 歳 ) 松 茂 良 子 ( 同 村 21 歳 )를 지목하여 이 둘을 조선어 통역으로 수행을 시키겠다고 서술하고 있 다. 조선통사의 양성에 대하여 의견을 제시할 정도로 조선 통역의 인적 자원 을 확보하려는 노력이 엿보인다. 애석하게도 더 이상의 내용이 없어 이것이 받아들여졌는지 여부는 알 수 없지만 류큐의 특성상 중국어 통역체제는 충분 하였지만 현장에서 표류민 문제를 관장하는 도마리도도리( 泊 頭 取 )로서는 조 선어 통사에 대한 어려움이 있어 이러한 요구가 나온 것으로 보인다. 松 茂 良 筑 登 之 의 구체적인 경력도 알기 어려우나 1856년의 시점에 그가 조선어 통 사로서의 역할을 한 것은 틀림없어 보인다. 나가며 류큐의 보고체계와 표류민 송환 의사결정 과정을 살펴 보면 사츠마의 御 在 番 所 와의 관련이 깊다는 것을 알게 된다. 또한 류큐왕국(수리왕부)의 행정기 관은 명칭이나 성격을 이해하기 어렵지만 구체적인 사료 분석을 통해 표류민 송환과 관련된 역할을 한 행정기구의 기능을 이해할 수 있게 되었다. 지금까 26) 評 定 所 文 書 1권 335쪽

36 류큐( 琉 球 )왕국(오키나와)의 의사 결정체계에 관한 고찰 ( 鄭 夏 美 ) 33 지 류큐왕국에서의 표류민에 대하여는 연구가 미흡하였으나 당시의 유규왕국 의 행전기구의 기능과 구조에 대하여 알게 되어 앞으로 표류민 연구의 폭이 넓어졌다고 생각된다. 류큐에 표착한 표류민들은 경우에 따라 진공선, 접공 선, 혹은 마랑선에 의하여 중국으로 송환되었으며 뱃사공과 선박의 책임자들 은 중국 경험자가 많이 선발되고 중국과의 관련기능자가 타고 있음을 알 수 있었고 본 연구에서 피력하지는 못하였으나 각 승선자가 가지고 가는 비용에 대하여도 사츠마번의 지시가 있었고 비용관리가 철저하였음을 알 수 있었다. 그리고 표류민과의 소통을 위하여 점차 특화된 기능을 가진 조선통사가 생겨 나기 시작하였음을 확인하였다. 3월 9일 나하를 출선한 마랑선은 무사히 중국복건에 표류민을 인계하고 돌 아오는 길인 1735년 4월 21일 이번에는 마랑선이 류큐의 미야고지마에 표착 하고 말았다. 그 뒤 11월 11일에는 마랑선의 부정에 대한 사츠마번이 경질이 있었다 27) 고 전한다. 그 배가 떠날 때 渡 唐 銀 (중국에 가지고 가는 은)을 과도 하게 가지고 간 것이 누군가가 사츠마에게 폭로하여 문제가 되었다고 한다. 표류민 송환은 다만 인도적인 차원의 문제가 아니라 특히 중국과의 관계, 교 역에 관련한 중대 안건이었기에 표류민 관련 사안은 사츠마번이 가장 통제하 고 싶은 분야의 것이었고 그 결과 류큐왕국의 의사 결정에 관여한 것이라고 여겨지며 이는 류큐왕국의 양속 의 한 단면을 보여주는 것이라 하겠다. <참고문헌> 漂 人 領 来 謄 録 1, 第 2 册 364ー82쪽 (규장각자료총서 금호시리즈 대외관계편 1993) 현종 3년 기해10월 변례집요 권 3 표차 1727년 2월 琉 球 王 国 評 定 所 文 書 編 纂 委 員 会 (1988) 琉 球 王 国 評 定 所 文 書 第 1 巻, 浦 添 市 教 育 委 員 会 정하미(2015), 표류민의 신원 및 류큐왕국의 대우, 일본학보 104집 정민(2008), 1726년 북포백성 김일남ㆍ부차웅의 류큐국표류기 쪽, 탐라견문록 바다 밖의 넓은 세상, 휴머니스트 손승철(1999), 조 유 교린체제의 구조와 특징 31 40쪽, 한일관계사학회편, 조선과 유구, 아르케 渡 辺 美 季, 近 世 琉 球 における 対 異 国 船 漂 着 体 制 - 中 国 人 ㆍ 朝 鮮 人 ㆍ 出 所 不 明 の 異 国 人 の 漂 着 に 備 えて- 27) 田 里 修 (2009) 蔡 温 と 乾 隆 ( 元 文 ) 見 地 ( 琉 球 王 国 の 測 量 技 術 研 師 たち ) 6 頁 しまたてぃ 51 号

37 34 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) 豊 見 山 和 行 (2010), 敗 者 の 戦 略 としての 琉 球 外 交 唐 ㆍ 大 和 の 御 取 合 を 飼 い 慣 らす, 史 苑 第 70 巻 2 号 田 里 修 (2009), 蔡 温 と 乾 隆 ( 元 文 ) 見 地 ( 琉 球 王 国 の 測 量 技 術 研 師 たち ) 6 頁, しまたてぃ 51 号 松 原 孝 俊, 琉 球 の 朝 鮮 語 通 詞 と 朝 鮮 の 琉 球 語 通 詞 ( 歴 代 宝 案 研 究 8 号 ), 渡 辺 美 季 近 世 琉 球 における 外 国 人 漂 着 民 収 容 センターとしての 泊 村 ( 第 四 回 沖 縄 研 究 国 際 シンポジウム ㆍヨーロッパ 大 会 ) 伊 波 和 正 (1996), 琉 球 王 国 の 通 訳 者 沖 縄 国 際 大 学 公 開 講 座 委 員 会 編 ㆍ 発 行, 沖 縄 国 際 大 学 公 開 講 座 1 琉 球 王 国 の 時 代 紙 屋 敦 之 (2003), 琉 球 と 日 本 ㆍ 中 国, 山 川 出 版 社, 50쪽 西 里 喜 行 (2005), 清 末 中 琉 関 係 史 の 研 究, 59ページ, 京 都 大 学 出 版 会 上 野 重 義 (1989), 沖 縄 における 旧 慣 間 切 内 法 ㆍ 村 内 法 の 類 型 的 考 察 九 大 農 学 芸 誌 (Sci.Bull. Fac. Agr.,K yushu Univ.) 第 44 巻 第 1ㆍ2 号 小 熊 英 二 (1988), < 日 本 人 >の 境 界 4쪽, 新 潮 社 池 内 敏 (1998), 近 世 日 本 と 朝 鮮 漂 流 民, 臨 川 書 店 이훈(2000), 조선후기 표류민과 한일관계, 국학자료원 민덕기(2001), 표류민을 통한 정보의 교류 쪽, 한일관계사학회편, 조선시대 한일 표 류민 연구, 국학자료원 극단갯돌(2014), 홍어장수 문순득 표류기, 크레펀 논문투고일 : 논문심사일 : 심사확정일 : 인적 사항 성명 : (한글) 정하미, (한자) 鄭 夏 美, (영어) Chung, Ha Mie 소속 : 한양대학교 일본언어문화학과 논문영문제목 : The Decision making System of the Ryukyu Kingdom 주소 : ( ) 서울특별시 성동구 행당동 푸르지오 E mail :

38 류큐( 琉 球 )왕국(오키나와)의 의사 결정체계에 관한 고찰 ( 鄭 夏 美 ) 35 <국문요지> 1733년 게라마섬에 표착한 조선인 표류민을 발견한 후의 류큐왕국의 보고체계와 대응 을 살펴보고 류큐왕국의 행정기구의 의사결정체계를 확인하고자 하였다. 그 결과 근대국가 의 시점에서 보면 이질적인 독립왕국 의 특성이 표류민 송환에서도 드러나 있음을 확인할 수 있었다. 즉 사츠마에서 파견된 관리와의 협조관계, 특히 표류민의 송환시기와 송환방법 에 대한 의사 결정에서 사츠마를 통한 일본측의 관여도가 높았음을 분명히 하였고 양속 체 제의 구체적인 모습과 근세 시기의 류큐와 사츠마번의 관계를 규명할 수 있었다. 그리고 표류자를 송환한 선박이 중국에의 정기적인 조공 선박이 아니고 임시 대절선박 이었음을 확인하고 선박의 승선원이 어떻게 구성되었는지 확인하여 이 과정에서 일본과 중 국과의 간접교역을 위한 하나의 방편으로 표류민 송환이 이루어졌을 가능성을 제기하였다. 또한 류큐왕국의 행정의 담당자들이 어떻게 표류민과의 대화와 소통을 하였는지 점차 류큐 왕국의 인적 자원 조달이 어떻게 이루어지는지 1733년과 그 이후에 오키나와에 표착한 표 류자와의 소통관계를 비교하여 검토하였다. 주제어: 류큐 왕국, 조선인 표류민, 마랑선, 통역사, 사츠마번

39 36 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6)

40 37 도정( 道 程 ) 이후 시편 연구 * ** 金 文 鳳 Abstract Post DÔTE refers to 10 years of KOTARO TAKAMURA from after DÔTE to MÔZYÛHEN. The early poetry of KOTARO TAKAMURA showed planar beauty, but later he showed features of new structure with solid frame. The life oriented and humanitarian tendencies exhibited after DÔTE continue to the post DÔTE era. Wagaya is in the line of the post DÔTE poetic ethos. In Komusume, he has developed to be a Poet of Love who shows love and warm interests to the socially alienated people. Afterwards, KOTARO's sense of beauty aims for one level higher direction such as something rich and full, something abruptly bouncing, something bright and positive, and daily life and spirit of citizens. The humane literary characteristics with full sense of self faithfulness and self movement is rather stronger than the side of thought pursuing inner truth. The sense of humanity has amplitude and comprehensiveness. He tried to prove the possibility of humanitarian poetry by realizing mature appearance based on ideas of life and settling down literature of humanity. Ameni Utarururu Cathedral is a representative and monumental poem showing all humanitarian features well. In this poem, deep movement received from a cathedral architecture and shiver and movement felt by a young Japanese accomplish superb harmony and symmetry. Many pieces of long poem are masterpieces which came from differentiating KOTARO's view of nature, sense of beauty, and humanitarian spirit such as aspects of faith and choosing detailed subjects out of them, and have deeper humanitarian spirit and contents and more width and depth. Keywords : KOTARO TAKAMURA, DÔTE, Post DÔTE, Humanistic Poetry, Ameni Utaruru Cathedral, R.Rolland 1)2) 1. 들어가면서 도정 이후 의 의미와 범위 다카무라 고타로( 高 村 光 太 郞, , 이하 고타로라고 함)는 하기와라 사쿠타로( 萩 原 朔 太 郎 )와 함께 형식과 내용의 양면에서 실질적인 일본근대시 의 완성자, 일본근대시의 아버지 로 부르는 일본근대시사의 큰 별이다. 1) 고 * 이 논문은 2012학년도 대구대학교 학술연구지원비의 지원에 의한 논문임 ** 대구대학교 인문대학 일본어일본학과 교수 1) 일본시단의 비판과 저항의 상징적 시인이던 가네코 미쓰하루( 金 子 光 晴, )는 고타 로 작고 시 쓴 감상문에서 고타로를 근대시의 아버지로, 하기와라 사쿠타로를 어머니에 비유

41 38 比 較 日 本 學 第 33 輯 (2015.6) 타로의 존재감은 처녀시집 도정( 道 程 ) ( , 이하 도정이라 함)에서 유 래한다. 고타로는 74년 생애에서 50년 가까이 시인으로서 살다 간 보기 드문 시업의 소유자이기도 하다. 고타로만큼 <서정의 변혁>과 <일본적 회귀> 2) 라 는 양극단의 시풍을 보인 이도 드물고, 이러한 시풍으로 인해 세간 여론의 도마 위에 회자되었던 시인도 드물다. 이러한 고타로의 특징으로 인해 고타 로 시를 구분하는 작업도 쉽지 않다. 고타로는 1914년 10월 도정 을 간행하 고, 27년이 경과한 후인 1941년 8월 제2시집 지에코초( 智 恵 子 抄 ) 를 출간하 였다. 이후 고타로는 불과 3년 사이에 위대한 날에( 大 いなる 日 に) (1942.4), 아저씨의 시(をじさんの 詩 ) ( ), 기록( 記 錄 ) (1944.3) 3권의 (전쟁)시 집을 연속적으로 출간하고 있다. 전후에도 전형( 典 型 ) ( ), 지에코초 그 후( 智 恵 子 抄 その 後 ) ( ) 두 권의 시(문)집을 출간하였다. 도정 에 서 지에코초 까지 27년이라는 공백 기간을 주목하게 된다. 고타로는 이 기 간에 두 차례에 걸쳐 시집 간행을 시도하였으나 끝내 불발로 끝나고 만다. 제2, 제3의 시집 출간이 계획으로만 그치고 말았다. 1916년 초봄의 인간고 ( 人 間 苦 ) 와 1925년의 맹수편( 猛 獸 篇 ) 이 그것이다. 비록 출간의 결실로는 이어지지 못했지만, 고타로의 시를 이해하는데 대단히 중요한 시기이다. 인 간고 는 도정 후반기부터 표출된 인도주의적 시작이 도정 이후 에 들 어와 어떠한 경향을 띠고 전개되었는지가 관심을 끈다. 맹수편 은 인도주의 시작 이후 사회적 소재가 응축된 사회시를 살피는데 중요하다. 고타로의 50년 시업을 구분하는데 하나의 전거를 제공하는 것이 1929년 10월 발간된 현대시인전집 (제9권, 新 潮 社 )에서 설정한 고타로 자신의 시기 구분이다. 1929년까지의 고타로의 시작을 도정시대, 도정이후, 맹수편, 맹수편 이후 로 4기로 분류하고 있다. 이 시기구분을 바탕으로 해서 고타로 사후 1966년에 신초샤( 新 潮 社 )에서 다카무라 고타로 전 시집( 高 村 光 太 郞 全 詩 集 ) 3) 을 간행하였다. 이 전집에서 고타로의 전 시작을, 간행된 시집을 중 하였다. 그리고 黑 田 三 郞, 現 代 詩 の 父 猛 獸 篇 以 後 에서 근대시의 완성자 라고 표현 했다. 2) 壺 井 重 治, 戰 爭 讚 美 から 自 然 沒 入 へ 詩 壇 時 評 ( 文 學, ,16 4) 3) 草 野 心 平 編, 日 本 詩 人 全 集 9, 新 潮 社. 도정( 道 程 ) = 도정 이전 ( ), 시집 도정 ( ), 도정 시대 ( ) 도정 이 후 ( ) 맹수편( 猛 獸 篇 ) = 맹수편 (제1부 , 제2부 ), 맹수편 시대 ( ) 위대한 날에( 大 いなる 日 に) = 시집 위대한 날에 ( ) 기록( 記 錄 ) 시집 기록 ( ), 기록 이후 )

2 동북아역사논총 50호 구권협정으로 해결됐다 는 일본 정부의 주장에 대해, 일본군 위안부 문제는 일 본 정부 군 등 국가권력이 관여한 반인도적 불법행위이므로 한일청구권협정 에 의해 해결된 것으로 볼 수 없다 는 공식 입장을 밝혔다. 또한 2011년 8월 헌 법재판소는

2 동북아역사논총 50호 구권협정으로 해결됐다 는 일본 정부의 주장에 대해, 일본군 위안부 문제는 일 본 정부 군 등 국가권력이 관여한 반인도적 불법행위이므로 한일청구권협정 에 의해 해결된 것으로 볼 수 없다 는 공식 입장을 밝혔다. 또한 2011년 8월 헌 법재판소는 일본군 위안부 피해자 구제에 관한 일고( 一 考 ) 1 일본군 위안부 피해자 구제에 관한 일고( 一 考 ) 김관원 / 동북아역사재단 연구위원 Ⅰ. 머리말 일본군 위안부 문제가 한일 간 현안으로 불거지기 시작한 것은 일본군 위안부 피해를 공개 증언한 김학순 할머니 등이 일본에서 희생자 보상청구 소송을 제 기한 1991년부터다. 이때 일본 정부는 일본군이 위안부

More information

泰 東 古 典 硏 究 第 24 輯 이상적인 정치 사회의 구현 이라는 의미를 가지므로, 따라서 천인 합일론은 가장 적극적인 경세의 이론이 된다고 할 수 있다. 권근은 경서의 내용 중에서 현실 정치의 귀감으로 삼을 만한 천인합일의 원칙과 사례들을 발견하고, 이를 연구하여

泰 東 古 典 硏 究 第 24 輯 이상적인 정치 사회의 구현 이라는 의미를 가지므로, 따라서 천인 합일론은 가장 적극적인 경세의 이론이 된다고 할 수 있다. 권근은 경서의 내용 중에서 현실 정치의 귀감으로 삼을 만한 천인합일의 원칙과 사례들을 발견하고, 이를 연구하여 權 近 의 五 經 인식 - 經 學 과 經 世 論 의 연결을 중심으로 - 姜 文 植 * 1. 머리말 2. 經 學 과 經 世 論 연결의 이론적 기반 3. 五 經 淺 見 錄 의 經 典 해석과 經 世 論 4. 맺음말 요약문 권근( 權 近 )은 체용론( 體 用 論 )에 입각하여 오경( 五 經 ) 간의 관계 및 각 경서의 근본 성격을 규정하였다. 체용론에서 용( 用 )

More information

우리들이 일반적으로 기호

우리들이 일반적으로 기호 일본지방자치체( 都 道 府 縣 )의 웹사이트상에서 심벌마크와 캐릭터의 활용에 관한 연구 A Study on the Application of Japanese Local Self-Government's Symbol Mark and Character on Web. 나가오카조형대학( 長 岡 造 形 大 學 ) 대학원 조형연구과 김 봉 수 (Kim Bong Su) 193

More information

<B3EDB9AEC1FD5F3235C1FD2E687770>

<B3EDB9AEC1FD5F3235C1FD2E687770> 오용록의 작품세계 윤 혜 진 1) * 이 논문은 생전( 生 前 )에 학자로 주로 활동하였던 오용록(1955~2012)이 작곡한 작품들을 살펴보고 그의 작품세계를 파악하고자 하는 것이다. 한국음악이론이 원 래 작곡과 이론을 포함하였던 초기 작곡이론전공의 형태를 염두에 둔다면 그의 연 구에서 기존연구의 방법론을 넘어서 창의적인 분석 개념과 체계를 적용하려는

More information

아태연구(송석원)13-2-05.hwp

아태연구(송석원)13-2-05.hwp 아태연구 제 13권 제 2호 2006년 11월 30일 pp.81~103 일본에서의 한국학연구 - 회고와 전망 宋 錫 源 경희대학교 사회과학부 정치외교학과 조교수 Ⅰ. 머리말 Ⅱ. 1945년 이전의 한국연구 Ⅲ. 1945년 이후의 한국연구 < 목 차 > Ⅳ. 맺음말 참고문헌 Abstract Key words(중심용어): 한국학(Korean studies), 식민지지배(colonial

More information

Output file

Output file 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 An Application for Calculation and Visualization of Narrative Relevance of Films Using Keyword Tags Choi Jin-Won (KAIST) Film making

More information

<C7D1B9CEC1B7BEEEB9AEC7D03631C1FD28C3D6C1BE292E687770>

<C7D1B9CEC1B7BEEEB9AEC7D03631C1FD28C3D6C1BE292E687770> 설화에 나타난 사회구조와 그 의미 23) 박유미 * 차례 Ⅰ. 문제제기 Ⅱ. 서사 내부의 사회구조 Ⅲ. 사회문제의 해결방식과 그 의미 Ⅳ. 설화와 후대전승과의 상관관계 Ⅴ. 결론 국문초록 삼국유사 의 조에는 왕거인 이야기와 거타지 이야기가 하나의 설화에 묶여 전하고 있는데, 두 이야기는 해결구조에서 차이를

More information

<C7D1B9CEC1B7BEEEB9AEC7D0363528C3D6C1BE295F31392EB9E8C8A3B3B22E687770>

<C7D1B9CEC1B7BEEEB9AEC7D0363528C3D6C1BE295F31392EB9E8C8A3B3B22E687770> 정지용의 시어 조찰한 의 의미 변화 연구 배호남 *1) 차례 Ⅰ. 머리말 Ⅱ. 종교적 순수성의 정신세계 : 勝 利 者 金 안드레아 의 경우 Ⅲ. 차가운 겨울밤의 정신세계 : 溫 井 과 長 壽 山 1 의 경우 Ⅳ. 명징한 여름 낮의 정신세계 : 白 鹿 潭 의 경우 Ⅴ. 맺음말 국문초록 본 논문은 정지용 연구의 새로운 지평으로 개별 작품에서 보다 더 미시적으로

More information

장양수

장양수 한국문학논총 제70집(2015. 8) 333~360쪽 공선옥 소설 속 장소 의 의미 - 명랑한 밤길, 영란, 꽃같은 시절 을 중심으로 * 1)이 희 원 ** 1. 들어가며 - 장소의 인간 차 2. 주거지와 소유지 사이의 집/사람 3. 취약함의 나눔으로서의 장소 증여 례 4. 장소 소속감과 미의식의 가능성 5.

More information

,,,,,, 167711 1),,, (Euripides) 2),, (Seneca, LA) 3), 1) 1573 17 2) 3 3 1 2 4

,,,,,, 167711 1),,, (Euripides) 2),, (Seneca, LA) 3), 1) 1573 17 2) 3 3 1 2 4 Journal of Women s Studies 2001 Vol 16 123~142 Racine s Phèdre, a Tragic Woman (Jung, Hye Won, ) 17 (Racine) (Phèdre),,,,,,,, 1 2 3 ,,,,,, 167711 1),,, (Euripides) 2),, (Seneca, LA) 3), 1) 1573 17 2) 3

More information

<C7D1B9CEC1B7BEEEB9AEC7D03631C1FD28C3D6C1BE292E687770>

<C7D1B9CEC1B7BEEEB9AEC7D03631C1FD28C3D6C1BE292E687770> 근대 이후 이순신 인물 서사 변화 과정의 의미 연구 45) * 김경남 차 례 Ⅰ. 서론 Ⅱ. 근대 계몽기 이순신 서사와 뺷유년필독뺸 Ⅲ. 일제 강점기 실기(實記)와 뺷문예독본뺸의 이순신 Ⅳ. 광복 이후의 이순신 서사 Ⅴ. 결론 국문초록 이 연구는 근대이후 교재에 나타난 이순신상을 중심으로, 영웅 서사가 어떻게 변화하 는가를 살피는 데 목적이 있다. 이 연구에서

More information

03¹ü¼±±Ô

03¹ü¼±±Ô Relevancy between Aliases of Eight Provinces and Topographical Features during the Chosun Dynasty Seon-Gyu Beom* Abstract : In Korea, aside from their official administrative names, aliases of each province

More information

2. 박주민.hwp

2. 박주민.hwp 仁 荷 大 學 校 法 學 硏 究 第 15 輯 第 1 號 2012년 3월 31일, 149~184쪽 Inha Law Review The Institute of Legal Studies Inha University Vol.15, No.1, March 2012 인터넷을 통한 선거운동과 공직선거법 * 박 주 민 법무법인(유한) 한결 변호사 < 목 차 > Ⅰ. 머리말

More information

216 동북아역사논총 41호 인과 경계공간은 설 자리를 잃고 배제되고 말았다. 본고에서는 근세 대마도에 대한 한국과 일본의 인식을 주로 영토와 경계인 식을 중심으로 고찰하고자 한다. 이 시기 대마도에 대한 한일 양국의 인식을 살펴볼 때는 근대 국민국가적 관점에서 탈피할

216 동북아역사논총 41호 인과 경계공간은 설 자리를 잃고 배제되고 말았다. 본고에서는 근세 대마도에 대한 한국과 일본의 인식을 주로 영토와 경계인 식을 중심으로 고찰하고자 한다. 이 시기 대마도에 대한 한일 양국의 인식을 살펴볼 때는 근대 국민국가적 관점에서 탈피할 전근대시기 한국과 일본의 대마도 인식 215 전근대시기 한국과 일본의 대마도 인식 하우봉 전북대학교 사학과 교수 Ⅰ. 머리말 브루스 배튼(Bruce Batten)의 정의에 따르면 전근대의 국경에는 국경선으로 이루어진 boundary가 있고, 공간으로 이루어진 frontier란 개념이 있다. 전자 는 구심적이며 내와 외를 격리시키는 기능을 지니고, 후자는 원심적이며

More information

<B7CEC4C3B8AEC6BCC0CEB9AEC7D0322832303039B3E23130BFF9292E687770>

<B7CEC4C3B8AEC6BCC0CEB9AEC7D0322832303039B3E23130BFF9292E687770> 로컬리티 인문학 2, 2009. 10, 257~285쪽 좌절된 세계화와 로컬리티 - 1960년대 한국영화와 재외한인 양 인 실* 50) 국문초록 세계화 로컬리티는 특정장소나 경계를 지칭하는 것이 아니라 관계와 시대에 따 라 유동적으로 변화하는 개념이다. 1960년대 한국영화는 유례없는 변화를 맞이하고 있었다. 그 중 가장 특이할 만한 사실은 미국과 일본의 영화계에서

More information

328 退溪學과 韓國文化 第43號 다음과 같은 3가지 측면을 주목하여 서술하였다. 우선 정도전은 ꡔ주례ꡕ에서 정치의 공공성 측면을 주목한 것으로 파악하였다. 이는 국가, 정치, 권력과 같은 것이 사적인 소유물이 아니라 공적인 것임을 강조하는 것으로 조선에서 표방하는 유

328 退溪學과 韓國文化 第43號 다음과 같은 3가지 측면을 주목하여 서술하였다. 우선 정도전은 ꡔ주례ꡕ에서 정치의 공공성 측면을 주목한 것으로 파악하였다. 이는 국가, 정치, 권력과 같은 것이 사적인 소유물이 아니라 공적인 것임을 강조하는 것으로 조선에서 표방하는 유 정도전의 유교국가론과 ꡔ周禮ꡕ* 52)부 남 철** 차 례 Ⅰ. Ⅱ. Ⅲ. Ⅳ. Ⅴ. 서론 유교국가의 정신 仁과 정치의 公共性 총재정치 육전체제 결론 국문초록 이 논문은 유교국가 조선의 정치이념과 통치 구조 형성에 있어서 주도적인 역할을 했던 유학자이자 정치가인 三峯 鄭道傳이 ꡔ周禮ꡕ에서 어떤 영향을 받았는가를 분석한 것이다. ꡔ주례ꡕ는 유학자들이 이상적인

More information

<313020C1A4BFECBAC034332E687770>

<313020C1A4BFECBAC034332E687770> 18세기 馬 兵 의 한글일기 난리가 연구 1)정우봉 * 1. 서론 2. 난리가 의 장르, 작가 및 창작 시기 3. 난리가 의 주제의식과 표현방식 4. 결론 난리가( 亂 離 歌 ) 는 1728년에 발생한 戊 申 亂 (일명 李 麟 佐 의 난)을 진압하 기 위해 官 軍 으로 참전한 訓 練 都 監 소속의 한 馬 兵 이 산문으로 기록한 한글 일기

More information

<C5F0B0E8C7D032352D3030B8F1C2F7283235C1FD292E687770>

<C5F0B0E8C7D032352D3030B8F1C2F7283235C1FD292E687770> 第 25 輯 社 團 法 人 退 溪 學 釜 山 硏 究 院 2015. 06 이 도서는 부산광역시 보조금으로 간행되었습니다. 第 25輯 퇴계학 退溪詩에 나타난 마음의 의미 李 貞 和 7 退溪 詩 의 학문적 맥락 읽기 김 병 권 27 사상 先秦儒家美学的范畴体系 张 黔 51 试析孟子 民贵 说的 尊君 实质 刘 清 平 65 儒家儀禮의 方位 에 관한 文化解釋 趙

More information

#Ȳ¿ë¼®

#Ȳ¿ë¼® http://www.kbc.go.kr/ A B yk u δ = 2u k 1 = yk u = 0. 659 2nu k = 1 k k 1 n yk k Abstract Web Repertoire and Concentration Rate : Analysing Web Traffic Data Yong - Suk Hwang (Research

More information

<303220C7D1C5C2B9AE2E687770>

<303220C7D1C5C2B9AE2E687770> 한국민족문화 47, 2013. 5, 63~91쪽 통신사 사행록에 반영된 히로시마( 廣 島 )* 1)한 태 문** 1. 머리말 2. 통신사행에 있어서 히로시마의 역할 1) 사행의 水 路 노정 경유지 2) 정성을 다한 接 待 와 支 供 3. 사행록에 들어앉은 히로시마의 모습 1) 仙 境 으로 여겨진 빼어난 경치 2) 독특한 생활방식과 특산물로 이름난 공간 3)

More information

<B1A4B0EDC8ABBAB8C7D0BAB8392D345F33C2F75F313032362E687770>

<B1A4B0EDC8ABBAB8C7D0BAB8392D345F33C2F75F313032362E687770> 광고에 나타난 가족가치관의 변화 : 97년부터 26년까지의 텔레비전 광고 내용분석* 2) 정기현 한신대학교 광고홍보학과 교수 가족주의적 가치관을 사회통합의 핵심 중의 핵심으로 올려놓았던 전통이 현대사회에서 아직 영향력을 미치는 점을 감안할 때, 한국에서의 가족변동은 사회전반의 변동으로 직결된다고 해도 크게 틀리지 않을 것이다. 97년부터 26년까지 텔레비전에서

More information

02양은용

02양은용 The filial piety of Won-Buddhism in the tradition of filial piety Yang, Eun-Yong Dept. of Korean Culture, Wonkwang University Keyword : Filial piety, Fourfold Grace, the grace of parents, Xiao Jing (),

More information

11¹Ú´ö±Ô

11¹Ú´ö±Ô A Review on Promotion of Storytelling Local Cultures - 265 - 2-266 - 3-267 - 4-268 - 5-269 - 6 7-270 - 7-271 - 8-272 - 9-273 - 10-274 - 11-275 - 12-276 - 13-277 - 14-278 - 15-279 - 16 7-280 - 17-281 -

More information

01김경회-1차수정.hwp

01김경회-1차수정.hwp 한국민족문화 57, 2015. 11, 3~32 http://dx.doi.org/10.15299/jk.2015.11.57.3 장복선전 에 나타난 이옥의 문제의식 고찰 - 심노숭의 사가야화기, 정약용의 방친유사 와의 비교를 중심으로 1)김 경 회 * 1. 들어가며 2. 장복선의 행적 비교 1) 입전 동기 2) 장복선의 처지 3) 장복선의 구휼 및 연대 3. 장복선의

More information

<30322D3031BCD5B5BFC8A32DC6EDC1FD2E687770>

<30322D3031BCD5B5BFC8A32DC6EDC1FD2E687770> 한국민족문화 53, 2014. 11, 113~139 http://dx.doi.org/10.15299/jk.2014.11.53.113 동아일보 소재 독자문단( 讀 者 文 壇 ) 연구 1)손 동 호 * 1. 서론 2. 독자문단 란의 등장과 전개 3. 독자문단 소재 작품의 특질과 의미 4. 결론 독자문단 은 동아일보 가 문예물을 전면에 내세운 최초의

More information

300 구보학보 12집. 1),,.,,, TV,,.,,,,,,..,...,....,... (recall). 2) 1) 양웅, 김충현, 김태원, 광고표현 수사법에 따른 이해와 선호 효과: 브랜드 인지도와 의미고정의 영향을 중심으로, 광고학연구 18권 2호, 2007 여름

300 구보학보 12집. 1),,.,,, TV,,.,,,,,,..,...,....,... (recall). 2) 1) 양웅, 김충현, 김태원, 광고표현 수사법에 따른 이해와 선호 효과: 브랜드 인지도와 의미고정의 영향을 중심으로, 광고학연구 18권 2호, 2007 여름 동화 텍스트를 활용한 패러디 광고 스토리텔링 연구 55) 주 지 영* 차례 1. 서론 2. 인물의 성격 변화에 의한 의미화 전략 3. 시공간 변화에 의한 의미화 전략 4. 서사의 변개에 의한 의미화 전략 5. 창조적인 스토리텔링을 위하여 6. 결론 1. 서론...., * 서울여자대학교 초빙강의교수 300 구보학보 12집. 1),,.,,, TV,,.,,,,,,..,...,....,...

More information

5. .......hwp

5. .......hwp X i D i ) 8 6 4 2 0-2 -4 1987 1988 1990 1992 1994 1996 1998 2000 2002 year 12 8 4 0-4 -8 1987 1988 1990 1992 1994 1996 1998 2000 2002 year 45 40 35 30 25 20 15 1987 19 90 1994 1998 2002 year ln W X 30

More information

<32382DC3BBB0A2C0E5BED6C0DA2E687770>

<32382DC3BBB0A2C0E5BED6C0DA2E687770> 논문접수일 : 2014.12.20 심사일 : 2015.01.06 게재확정일 : 2015.01.27 청각 장애자들을 위한 보급형 휴대폰 액세서리 디자인 프로토타입 개발 Development Prototype of Low-end Mobile Phone Accessory Design for Hearing-impaired Person 주저자 : 윤수인 서경대학교 예술대학

More information

아니라 일본 지리지, 수로지 5, 지도 6 등을 함께 검토해야 하지만 여기서는 근대기 일본이 편찬한 조선 지리지와 부속지도만으로 연구대상을 한정하 기로 한다. Ⅱ. 1876~1905년 울릉도 독도 서술의 추이 1. 울릉도 독도 호칭의 혼란과 지도상의 불일치 일본이 조선

아니라 일본 지리지, 수로지 5, 지도 6 등을 함께 검토해야 하지만 여기서는 근대기 일본이 편찬한 조선 지리지와 부속지도만으로 연구대상을 한정하 기로 한다. Ⅱ. 1876~1905년 울릉도 독도 서술의 추이 1. 울릉도 독도 호칭의 혼란과 지도상의 불일치 일본이 조선 근대기 조선 지리지에 보이는 일본의 울릉도 독도 인식 호칭의 혼란을 중심으로 Ⅰ. 머리말 이 글은 근대기 일본인 편찬 조선 지리지에 나타난 울릉도 독도 관련 인식을 호칭의 변화에 초점을 맞춰 고찰한 것이다. 일본은 메이지유신 이후 부국강병을 기도하는 과정에서 수집된 정보에 의존하여 지리지를 펴냈고, 이를 제국주의 확장에 원용하였다. 특히 일본이 제국주의 확장을

More information

퇴좈저널36호-4차-T.ps, page 2 @ Preflight (2)

퇴좈저널36호-4차-T.ps, page 2 @ Preflight (2) Think Big, Act Big! Character People Literature Beautiful Life History Carcere Mamertino World Special Interview Special Writing Math English Quarts I have been driven many times to my knees by the overwhelming

More information

<BFACB1B85F323030352D30335FB0E6C1A6C0DAC0AFB1B8BFAA2E687770>

<BFACB1B85F323030352D30335FB0E6C1A6C0DAC0AFB1B8BFAA2E687770> 연구보고서 2005-03 경제자유구역에서의 보건의료시장 개방의 파급효과와 정책방향 2005 韓 國 保 健 社 會 硏 究 院 머 리 말 우리나라는 2003년 경제자유구역의지정및운영에관한법률 을 제정하여 인천, 부산-진해, 광양만 등 3개 지역에 경제자유구역 개발을 추진하고 있다. 이 법에 는 경제자유구역에 외국 의료기관이 진출할 수 있다는 내용이 규정되어 있으

More information

DBPIA-NURIMEDIA

DBPIA-NURIMEDIA 식민지 공공영역 으로서의 1910년대 每 日 申 報 * 1) 윤상길** 2) (인천대학교 인천학연구원) 본고는 1910년대 당시의 시대상황과 합병직후의 문화상황 속에서 每 日 申 報 가 가지는 사회적 역할 이 무엇인가라는 문제의식에서 출발하여, 이를 식민지 공공영역 개념을 통해 살펴보고자 하였다. 강제 병합 직후 식민지 조선의 공론장 구성이 일본어를 근간으로

More information

2 재외한인연구 제36호 요 약 문 이 논문은 역사적인 어프로치를 통하여 박열의 해방직후 행적을 실증하고 그가 새로 운 한일관계에서 어떠한 위상을 차지하고 있었는지 파악하고 있다. 1945년 조국해방으로 부터 1949년 박열이 남한에 귀국하기까지를 분석대상 시기로 하며

2 재외한인연구 제36호 요 약 문 이 논문은 역사적인 어프로치를 통하여 박열의 해방직후 행적을 실증하고 그가 새로 운 한일관계에서 어떠한 위상을 차지하고 있었는지 파악하고 있다. 1945년 조국해방으로 부터 1949년 박열이 남한에 귀국하기까지를 분석대상 시기로 하며 재외한인연구 제36호 (2015. 6) 1-40 해방직후 박열의 행적을 통해 본 재일한인사회의 로컬리티 * 최영호 (영산대학교) Ⅰ. 머리말 Ⅱ. 박열에 대한 기존 평가 Ⅲ. 해방 후 정치범 출옥과 박열 Ⅳ. 재일한인 민족단체와 박열 Ⅴ. 한반도 신탁통치문제와 박열 Ⅵ. 본국귀환 문제와 박열 Ⅶ. 맺음말 * 이 논문은 2007년도 정부(교육과학기술부)의 재원으로

More information

레이아웃 1

레이아웃 1 i g d e d mod, t d e d e d mod, t e,0 e, n s,0 e,n e,0 Division of Workers' Compensation (2009). Iowa workers' compensation manual. Gamber, E. N. & Sorensen, R. L. (1994). Are net discount rates stationary?:

More information

KIM Sook Young : Lee Jungsook, a Korean Independence Activist and a Nurse during the 이며 나름 의식이 깨어있던 지식인들이라 할 수 있을 것이다. 교육을 받은 간 호부들은 환자를 돌보는 그들의 직업적 소

KIM Sook Young : Lee Jungsook, a Korean Independence Activist and a Nurse during the 이며 나름 의식이 깨어있던 지식인들이라 할 수 있을 것이다. 교육을 받은 간 호부들은 환자를 돌보는 그들의 직업적 소 1 의사학 제24권 제1호(통권 제49호) 2015년 4월 Korean J Med Hist 24 ː1-34 Apr 2015 c대한의사학회 http://dx.doi.org/10.13081/kjmh.2015.24.1 pissn 1225-505X, eissn 2093-5609 간호부 이정숙의 독립운동 김숙영* 1. 서론 2. 본론 1) 출생에서 정신여학교 수학시절까지

More information

<BEEEB9AEB7D0C3D1203539C8A3C7D5BABB283132BFF93330C0CF292E687770>

<BEEEB9AEB7D0C3D1203539C8A3C7D5BABB283132BFF93330C0CF292E687770> 어문론총 제59호 한국문학언어학회 2013.12. 앙드레 지드 좁은문 의 조선적 전유방식 - 모윤숙의 散文集 렌의 哀歌 (1937,일월서방)를 중심으로 - 안 미 영* 1. 서론 2. 앙드레 지드의 좁은문 : 신에 대한 인간의 성실성 3. 조선적 전유방식 : 시점의 전환과 주제의 변용 3.1. 구원의 연인과 정신적 연애에 대한 향유 3.2. 연애를

More information

2 1896 2 26 ( ) 2 7-20 2) 1897 1898 ( )3) 6 1902 8 1904 10 10 (19 05-1914 ) ( ) ( ) 4) 1915 ( ) ( ) 1917 2) 3) 4) 285

2 1896 2 26 ( ) 2 7-20 2) 1897 1898 ( )3) 6 1902 8 1904 10 10 (19 05-1914 ) ( ) ( ) 4) 1915 ( ) ( ) 1917 2) 3) 4) 285 13 2 ( 25 ) 2004 12 Korean J Med Hist 13 284 296 Dec 2004 ISSN 1225 505X 1) * ** ** 1 1920 1930 40 ( 1896-1973) 80 * ** 1) 2003 284 2 1896 2 26 ( ) 2 7-20 2) 1897 1898 ( )3) 6 1902 8 1904 10 10 (19 05-1914

More information

182 동북아역사논총 42호 금융정책이 조선에 어떤 영향을 미쳤는지를 살펴보고자 한다. 일제 대외금융 정책의 기본원칙은 각 식민지와 점령지마다 별도의 발권은행을 수립하여 일본 은행권이 아닌 각 지역 통화를 발행케 한 점에 있다. 이들 통화는 일본은행권 과 等 價 로 연

182 동북아역사논총 42호 금융정책이 조선에 어떤 영향을 미쳤는지를 살펴보고자 한다. 일제 대외금융 정책의 기본원칙은 각 식민지와 점령지마다 별도의 발권은행을 수립하여 일본 은행권이 아닌 각 지역 통화를 발행케 한 점에 있다. 이들 통화는 일본은행권 과 等 價 로 연 越 境 하는 화폐, 분열되는 제국 - 滿 洲 國 幣 의 조선 유입 실태를 중심으로 181 越 境 하는 화폐, 분열되는 제국 - 滿 洲 國 幣 의 조선 유입 실태를 중심으로 - 조명근 고려대학교 BK21+ 한국사학 미래인재 양성사업단 연구교수 Ⅰ. 머리말 근대 국민국가는 대내적으로는 특정하게 구획된 영토에 대한 배타적 지배와 대외적 자주성을 본질로 하는데, 그

More information

........pdf 16..

........pdf 16.. Abstract Prospects of and Tasks Involving the Policy of Revitalization of Traditional Korean Performing Arts Yong-Shik, Lee National Center for Korean Traditional Performing Arts In the 21st century, the

More information

현대영화연구

현대영화연구 장률 감독의 : 트랜스-로컬 시네마 삼부작의 완성 김시무 경기대학교 강사 목 차 1. 장률, 그리고 트랜스-로컬 시네마(trans-local cinema) 삼부작 2. 두 도시 이야기: 과 3. 의 시퀀스 분석 4. 주제의식( 主 題 意 識 )과 독특한 스타일 5. 춘화( 春 畵 )와 문인화( 文 人 畵 ) 사이 국문초록 장률

More information

<30322D28C6AF29C0CCB1E2B4EB35362D312E687770>

<30322D28C6AF29C0CCB1E2B4EB35362D312E687770> 한국학연구 56(2016.3.30), pp.33-63. 고려대학교 한국학연구소 세종시의 지역 정체성과 세종의 인문정신 * 1)이기대 ** 국문초록 세종시의 상황은 세종이 왕이 되면서 겪어야 했던 과정과 닮아 있다. 왕이 되리라 예상할 수 없었던 상황에서 세종은 왕이 되었고 어려움을 극복해 갔다. 세종시도 갑작스럽게 행정도시로 계획되었고 준비의 시간 또한 짧았지만,

More information

<28BCF6BDC320323031352D31332920B0E6B1E2B5B520C1F6BFAABAB020BFA9BCBAC0CFC0DAB8AE20C1A4C3A520C3DFC1F8C0FCB7AB5FC3D6C1BE2830312E3036292E687770>

<28BCF6BDC320323031352D31332920B0E6B1E2B5B520C1F6BFAABAB020BFA9BCBAC0CFC0DAB8AE20C1A4C3A520C3DFC1F8C0FCB7AB5FC3D6C1BE2830312E3036292E687770> 수시과제 2015-13 경기도 지역별 여성일자리 정책 추진 전략 연구책임자 : 최 윤 선 (본원선임연구위원) : 남 승 연 (본원연구위원) 연 구 지 원 : 이 상 아 (본원위촉연구원) 연 구 기 간 : 2015. 9 ~12 2015 발 간 사 여성 일자리는 사회 내 여성과 남성간의 차이를 좁히고 개개인의 삶을 윤택하게 만드는 중요 한 부분입니다. 이에 정부는

More information

272 石 堂 論 叢 49집 기꾼이 많이 확인된 결과라 할 수 있다. 그리고 이야기의 유형이 가족 담, 도깨비담, 동물담, 지명유래담 등으로 한정되어 있음도 확인하였 다. 전국적인 광포성을 보이는 이인담이나 저승담, 지혜담 등이 많이 조사되지 않은 점도 특징이다. 아울

272 石 堂 論 叢 49집 기꾼이 많이 확인된 결과라 할 수 있다. 그리고 이야기의 유형이 가족 담, 도깨비담, 동물담, 지명유래담 등으로 한정되어 있음도 확인하였 다. 전국적인 광포성을 보이는 이인담이나 저승담, 지혜담 등이 많이 조사되지 않은 점도 특징이다. 아울 271 부산지역 구비설화 이야기꾼의 현황과 특징 정 규 식* 1) - 목 차 - Ⅰ. 서론 Ⅱ. 부산지역 구비설화 이야기꾼의 전반적 현황 1. 이야기꾼의 여성 편중성 2. 구연 자료의 민요 편중성 3. 이야기꾼의 가변적 구연력 4. 이야기 유형의 제한성 5. 이야기꾼 출생지의 비부산권 강세 Ⅲ. 부산지역 구비설화 이야기꾼의 특징 Ⅳ. 결론 개 요 본고의 목적은

More information

발간등록번호 11-1371029-000097-01 한국문학분야 주제 가이드 개발 및 구축 :근대문학분야를 중심으로 2014.12. 제 출 문 국립중앙도서관장 귀하 본 보고서를 한국문학분야 주제 가이드 개발 및 구축 : 근대문학분야를 중심으 로 의 최종보고서로 제출합니다. 2014년 12월 연 구 기 관 : 책임연구자 : 공동연구원 : 전남대학교 산학협력단

More information

원고스타일 정의

원고스타일 정의 논문접수일 : 2014.12.19 심사일 : 2015.01.07 게재확정일 : 2015.01.27 기부 캠페인용 웹페이지의 시각적 프레이밍이 내적 기부동기에 미치는 영향 Effects of Visual Framing of a Donation Campaign Webpage on the Internal Motivation for Giving 주저자 : 김은지 이화여자대학교

More information

<B1B9BEC7BFF8B3EDB9AEC1FD20C1A63331C1FD2DBABBB9AE2832303037292E687770>

<B1B9BEC7BFF8B3EDB9AEC1FD20C1A63331C1FD2DBABBB9AE2832303037292E687770> 국악원논문집 제31집 111~144쪽 2015 월명사의 성범(聲梵)에 관한 연구 16) 한국 초전불교와 서역 불교문화를 통하여 윤소희* [국문초록] 본고에서는 월명사가 부르지 못했던 성범(聲梵) 의 실체를 찾아서 실크로드와 중국 그리고 한국의 초전불교의 면면 을 추적해 보았다. 그 결과 중국 초기불교 시기에 서역에서 온 유랑승들이 많았고, 이들은 범어범패로

More information

141(26) 20056 1930 19 () ( ( ) () () () ) 2) 1932 ()()3) 2 1) 1897519( ) ( ) () () () 4) ( ) 5) 6) 15-20 7) 191216 2) ( ) () 42 () 193111 12 1933 4 3)

141(26) 20056 1930 19 () ( ( ) () () () ) 2) 1932 ()()3) 2 1) 1897519( ) ( ) () () () 4) ( ) 5) 6) 15-20 7) 191216 2) ( ) () 42 () 193111 12 1933 4 3) 141(26) 20056 Korean J Med Hist 14131 Jun 2005 ISSN 1225505X ( 1897-1982) * ** 1 ( 1897-1982) ( ) 1) 3 1 ( ) 1930 1930 1930 * () ** 1) ( 2000 p 13-15) 1 141(26) 20056 1930 19 () ( ( ) () () () ) 2) 1932

More information

<30322DBDC5B8EDC1F72E687770>

<30322DBDC5B8EDC1F72E687770> 37 재일 코리안과 다국가 시민권 - 영화 피와 뼈 디어 평양 달은 어디에 떠 있는가 를 중심으로 1) 신 명 직* - 목 차 - Ⅰ. 머리말 Ⅲ. 다국가 시민의 권리와 책무 : Ⅱ. 국민 에서 다국가 시민 으로 깊이와 범위 1. 귀환 을 통한 영토와 주권 모 1. 다국가 시민권의 깊이 순의 해결 2. 다국가 시민권의 범위 2. 영토와 주권의 모순과 다국가

More information

01_60p_서천민속지_1장_최종_출력ff.indd

01_60p_서천민속지_1장_최종_출력ff.indd 01 달 모양의 해안을 따라, 월하성 012 달 모양의 해안을 따라, 월하성 013 달 빛 아 래 신 선 이 노 는, 월 하 성 마 을 1장 달 모양의 해안을 따라, 월하성 초승달을 닮은 바닷가마을 월하성( 月 河 城 )이 위치한 충청남도 서천군( 舒 川 郡 )은 육지로는 동쪽으로 부 여군( 扶 餘 郡 ), 북쪽으로 보령시( 保 寧 市 )와 접하고 남쪽은 금강(

More information

민속지_이건욱T 최종

민속지_이건욱T 최종 441 450 458 466 474 477 480 This book examines the research conducted on urban ethnography by the National Folk Museum of Korea. Although most people in Korea

More information

<BFACBCBCC0C7BBE7C7D02831302031203139292E687770>

<BFACBCBCC0C7BBE7C7D02831302031203139292E687770> 延 世 醫 史 學 제12권 제2호: 29-40, 2009년 12월 Yonsei J Med Hist 12(2): 29-40, 2009 특집논문 3 한국사회의 낙태에 대한 인식변화 이 현 숙 이화여대 한국문화연구원 1. 들어가며 1998년 내가 나이 마흔에 예기치 않은 임신을 하게 되었을 때, 내 주변 사람들은 모두 들 너무나도 쉽게 나에게 임신중절을 권하였다.

More information

야쿠르트2010 3월 - 최종

야쿠르트2010 3월 - 최종 2010. 03www.yakult.co.kr 10 04 07 08 Theme Special_ Action 10 12 15 14 15 16 18 20 18 22 24 26 28 30 31 22 10+11 Theme Advice Action 12+13 Theme Story Action 14+15 Theme Reply Action Theme Letter Action

More information

영남학17합본.hwp

영남학17합본.hwp 退 溪 讀 書 詩 에 나타난 樂 의 層 位 와 그 性 格 신 태 수 * 53) Ⅰ. 문제 제기 Ⅱ. 讀 書 詩 의 양상과 樂 의 의미 층위 Ⅲ 敬 의 작용과 樂 개념의 구도 1. 敬 과 靜 味 樂 의 관계 2. 樂 개념의 구도와 敬 의 기능 Ⅳ. 樂 개념이 讀 書 詩 에서 지니는 미학적 성격 1. 樂 의 심상 체계, 그 심미안과 능동성 2. 樂 의 審 美 構

More information

영상문화27호 (보람편집)_수정 (4).hwp

영상문화27호 (보람편집)_수정 (4).hwp 세르게이 디아길레프의 발레뤼스(Ballet Russe)에 나타난 종합예술적 특질: 를 중심으로 심정민 / 동덕여자대학교 [국문초록] 세르게이 디아길레프가 1909년 창단한 발레뤼스(Ballet Russe)는 러시 아발레단이란 뜻의 불어명칭으로 발레뤼스의 주요한 예술적 추구는 무용 을 중심으로 문학, 음악, 미술, 패션 등

More information

untitled

untitled 구비전승의 지속과 변천 117 구비전승의 지속과 변천 < 南 白 月 二 聖 努 肹 夫 得 怛 怛 朴 朴 >의 사례를 중심으로 김 헌 선* 1. 머리말 2. 구비전승 의 성격규명 3. < 南 白 月 二 聖 努 肹 夫 得 呾 呾 朴 朴 >의 구비전승적 성격 4. 마무리 1. 머리말 구비전승은 문헌전승과 일정한 관련을 가지고 있다. 구비전승과

More information

<32303131C7CFB9DDB1E22028C6EDC1FD292E687770>

<32303131C7CFB9DDB1E22028C6EDC1FD292E687770> 통일문제연구 2011년 하반기(통권 제56호) 전쟁 경험의 재구성을 통한 국가 만들기* - 역사/다큐멘터리/기억 - 1)이 명 자** Ⅰ. 들어가는 말 Ⅱ. 과 제작배경 Ⅲ. 과 비교 Ⅳ. 역사/다큐멘터리/기억 현대 남북한 체제 형성에서 주요한 전환점인 한국전 쟁은 해방 후 시작된 좌우대립과 정치적,

More information

歯M991101.PDF

歯M991101.PDF 2 0 0 0 2000 12 2 0 0 0 2000 12 ( ) ( ) ( ) < >. 1 1. 1 2. 5. 6 1. 7 1.1. 7 1.2. 9 1.3. 10 2. 17 3. 25 3.1. 25 3.2. 29 3.3. 29. 31 1. 31 1.1. ( ) 32 1.2. ( ) 38 1.3. ( ) 40 1.4. ( ) 42 2. 43 3. 69 4. 74.

More information

<BEEEB9AEB7D0C3D13630C8A32836BFF93330C0CFBCF6C1A4292E687770>

<BEEEB9AEB7D0C3D13630C8A32836BFF93330C0CFBCF6C1A4292E687770> 어문론총 제60호 한국문학언어학회 2014. 6. 김종삼 시의 생명의식과 은유의 상관성 연구* 26) 박 선 영** 27) 1. 2. 3. 4. 5. 들어가는 말 시적 자아의 변신과 생명의식의 성화 타자의 사물화 양상과 초월적 삶의 추구 음악의 공간화 이행과 초월세계 가닿기 나오는 말 1. 들어가는 말 전후 시인들1)의 시에는 죽음의식이 농후하고

More information

대한한의학원전학회지26권4호-교정본(1125).hwp

대한한의학원전학회지26권4호-교정본(1125).hwp http://www.wonjeon.org http://dx.doi.org/10.14369/skmc.2013.26.4.267 熱入血室證에 대한 小考 1 2 慶熙大學校大學校 韓醫學科大學 原典學敎室 韓醫學古典硏究所 白裕相1, 2 *117) A Study on the Pattern of 'Heat Entering The Blood Chamber' 1, Baik 1

More information

30이지은.hwp

30이지은.hwp VR의 가상광고에 나타난 그래픽영상 연구 -TV 스포츠 방송을 중심으로- A study of the graphic image that is presented in Virtual Advertising of VR(Virtual Reality) - Focused on TV Sports broadcasts - 이지은(Lee, ji eun) 조일산업(주) 디자인 실장

More information

공연영상

공연영상 한국 예능프로그램의 중국 현지화 연구 81 82 한국 예능프로그램의 중국 현지화 연구 심춘수* 강빙양** 24)25) Ⅰ. 머리말 Ⅱ. 중국 예능시장 규모 및 프로그램 특징 Ⅲ. 한국 예능프로그램의 대중 수출현황 및 인기요인 Ⅳ. 한국 예능프로그램의 중국 현지화 요인 Ⅴ. 결론 Ⅰ. 머리말 최근 들어 드라마와 음악에 이어 예능프로그램(이하 예능프로)이 중국

More information

<33C2F731323239292DC5D8BDBAC6AEBEF0BEEEC7D02D3339C1FD2E687770>

<33C2F731323239292DC5D8BDBAC6AEBEF0BEEEC7D02D3339C1FD2E687770> 텍스트언어학 39, 2015, pp. 283~311 한국 대중가요 가사의 문체 분석 장소원(서울대) Chang, Sowon, 2015. The stylistic Analysis of the lyrics of Korean popular song. Textlinguistics 39. The sociological approach, one of the methods

More information

7 1 ( 12 ) 1998. 1913 ( 1912 ) 4. 3) 1916 3 1918 4 1919. ( ) 1 3 1, 3 1. 1.. 1919 1920. 4) ( ), ( ),. 5) 1924 4 ( ) 1. 1925 1. 2). ( ). 6). ( ). ( ).

7 1 ( 12 ) 1998. 1913 ( 1912 ) 4. 3) 1916 3 1918 4 1919. ( ) 1 3 1, 3 1. 1.. 1919 1920. 4) ( ), ( ),. 5) 1924 4 ( ) 1. 1925 1. 2). ( ). 6). ( ). ( ). 7 1 ( 12 ) : 1-11, 1998 K orean J M ed H ist 7 : 1-11, 1998 ISSN 1225-505X * **.,.., 1960.... 1) ( ) 1896 3 2 ( ) ( ) ( ) ( ) 2. 1), 14 1909 1,. 14 17 1913. 2)..,. ( ) ( ),. * 1998 (1998. 5. 7). ** 1).

More information

Kor. J. Aesthet. Cosmetol., 라이프스타일은 개인 생활에 있어 심리적 문화적 사회적 모든 측면의 생활방식과 차이 전체를 말한다. 이러한 라이프스 타일은 사람의 내재된 가치관이나 욕구, 행동 변화를 파악하여 소비행동과 심리를 추측할 수 있고, 개인의

Kor. J. Aesthet. Cosmetol., 라이프스타일은 개인 생활에 있어 심리적 문화적 사회적 모든 측면의 생활방식과 차이 전체를 말한다. 이러한 라이프스 타일은 사람의 내재된 가치관이나 욕구, 행동 변화를 파악하여 소비행동과 심리를 추측할 수 있고, 개인의 RESEARCH ARTICLE Kor. J. Aesthet. Cosmetol., 한국 중년 여성의 라이프스타일이 메이크업 추구이미지와 화장품 구매행동에 미치는 영향 주영주 1 *, 이순희 2 1 서경대학교대학원미용예술학과, 2 신성대학교 미용예술계열 The Effects of The Life Style for Korean Middle Aged Women on

More information

DBPIA-NURIMEDIA

DBPIA-NURIMEDIA 金 台 俊 의 學 術 硏 究 와 國 故 整 理 作 業 *1) - 朝 鮮 漢 文 學 史 서술을 중심으로 崔 英 成 ** ` Ⅰ. 머리말 Ⅱ. 天 台 山 人 의 생애 개관 Ⅲ. 天 台 山 人 의 학문 역정 Ⅳ. 조선한문학사 의 위치 Ⅴ. 조선한문학사 의 방법론과 한계 요 약 1930년대 국문학자, 문학사가( 文 學 史 家 )로 활약했던, 전설적인 인물

More information

<B1E2C8B9BEC828BFCFBCBAC1F7C0FC29322E687770>

<B1E2C8B9BEC828BFCFBCBAC1F7C0FC29322E687770> 맛있는 한국으로의 초대 - 중화권 음식에서 한국 음식의 관광 상품화 모색하기 - 소속학교 : 한국외국어대학교 지도교수 : 오승렬 교수님 ( 중국어과) 팀 이 름 : 飮 食 男 女 ( 음식남녀) 팀 원 : 이승덕 ( 중국어과 4) 정진우 ( 중국어과 4) 조정훈 ( 중국어과 4) 이민정 ( 중국어과 3) 탐방목적 1. 한국 음식이 가지고 있는 장점과 경제적 가치에도

More information

http://www.kbc.go.kr/ Abstract Competition and Concentration in the Market for the Multichannel Video Programming G h e e - Young Noh ( P r o f e s s o, rschool of Communication,

More information

도비라

도비라 광고학연구 : 제24권 5호(2013년) The Korean Journal of Advertising, Vol.24, No.5 (2013). pp.99 116 대학생 광고공모전이 광고업계 취업에 미치는 영향: 대학생과 실무자의 인식 비교를 중심으로 차 유 철 우석대학교 광고이벤트학과 교수, 언론학박사 이 희 복 상지대학교 언론광고학부 교수, 언론학박사* 신

More information

歯kjmh2004v13n1.PDF

歯kjmh2004v13n1.PDF 13 1 ( 24 ) 2004 6 Korean J Med Hist 13 1 19 Jun 2004 ISSN 1225 505X 1) * * 1 ( ) 2) 3) 4) * 1) ( ) 3 2) 7 1 3) 2 1 13 1 ( 24 ) 2004 6 5) ( ) ( ) 2 1 ( ) 2 3 2 4) ( ) 6 7 5) - 2003 23 144-166 2 2 1) 6)

More information

Àå¾Ö¿Í°í¿ë ³»Áö

Àå¾Ö¿Í°í¿ë ³»Áö Disability & Employment 55 Disability & Employment 56 57 Disability & Employment 58 59 Disability & Employment 60 61 Disability & Employment 62 63 Disability & Employment 64 65 Disability & Employment

More information

Kor. J. Aesthet. Cosmetol., 및 자아존중감과 스트레스와도 밀접한 관계가 있고, 만족 정도 에 따라 전반적인 생활에도 영향을 미치므로 신체는 갈수록 개 인적, 사회적 차원에서 중요해지고 있다(안희진, 2010). 따라서 외모만족도는 개인의 신체는 타

Kor. J. Aesthet. Cosmetol., 및 자아존중감과 스트레스와도 밀접한 관계가 있고, 만족 정도 에 따라 전반적인 생활에도 영향을 미치므로 신체는 갈수록 개 인적, 사회적 차원에서 중요해지고 있다(안희진, 2010). 따라서 외모만족도는 개인의 신체는 타 RESEARCH ARTICLE Kor. J. Aesthet. Cosmetol., 20-40대 여성의 외모만족도가 미용관리태도에 미치는 영향 홍수남 1, 김효숙 2 * 1 건국대학교 뷰티사이언스디자인학과, 2 건국대학교 의상디자인과 Effects of Extrinsic Body Satisfaction on Beauty Management Behavior of

More information

<31372DB9CCB7A1C1F6C7E22E687770>

<31372DB9CCB7A1C1F6C7E22E687770> 미래지향 고령친화 주거디자인을 위한 예비노인층의 라이프스타일 특성 Characteristics of Lifestyle of the Pre-Elderly for Future Elderly-friendly Housing Design 류 혜 지 청운대학교 인테리어디자인학과 교수 Ryu hye-ji Dept. of Interior Design, Chungwoon University

More information

00내지1번2번

00내지1번2번 www.keit.re.kr 2011. 11 Technology Level Evaluation ABSTRACT The Technology Level Evaluation assesses the current level of industrial technological development in Korea and identifies areas that are underdeveloped

More information

204 205

204 205 -Road Traffic Crime and Emergency Evacuation - 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 Abstract Road Traffic Crime

More information

<B1B3B9DFBFF83330B1C7C1A631C8A35FC6EDC1FDBABB5FC7D5BABB362E687770>

<B1B3B9DFBFF83330B1C7C1A631C8A35FC6EDC1FDBABB5FC7D5BABB362E687770> 교육발전연구 Journal of Educational Development 2014. Vol. 30, No. 1, pp. 89~110 융합인재교육(STEAM)을 통한 시각적 문해력 효과 연구: 인포그래픽 동영상 만들기를 중심으로 강인애 1), 이재경 2), 남미진 3) 요 약 본 연구는 융합인재(STEAM)교육으로 구안된 인포그래픽(infographic) 영상

More information

232 도시행정학보 제25집 제4호 I. 서 론 1. 연구의 배경 및 목적 사회가 다원화될수록 다양성과 복합성의 요소는 증가하게 된다. 도시의 발달은 사회의 다원 화와 밀접하게 관련되어 있기 때문에 현대화된 도시는 경제, 사회, 정치 등이 복합적으로 연 계되어 있어 특

232 도시행정학보 제25집 제4호 I. 서 론 1. 연구의 배경 및 목적 사회가 다원화될수록 다양성과 복합성의 요소는 증가하게 된다. 도시의 발달은 사회의 다원 화와 밀접하게 관련되어 있기 때문에 현대화된 도시는 경제, 사회, 정치 등이 복합적으로 연 계되어 있어 특 한국도시행정학회 도시행정학보 제25집 제4호 2012. 12 : pp.231~251 생활지향형 요소의 근린주거공간 분포특성 연구: 경기도 시 군을 중심으로* Spatial Distribution of Daily Life-Oriented Features in the Neighborhood: Focused on Municipalities of Gyeonggi Province

More information

<C1A4BAB8B9FDC7D031362D335F3133303130322E687770>

<C1A4BAB8B9FDC7D031362D335F3133303130322E687770> 전자민주주의와 SNS 정치참여의 상관관계에 대한 고찰 A Study on the Correlation with the E-democracy and SNS political participation 97)이준복((Lee, Joonbok)* 목 차 Ⅰ. 들어가며 Ⅱ. 헌법상 원리로서 전자민주주의와 국민의 정치참여 1. 전자민주주의의 개념 2. 전자민주의의 특성과

More information

<C3D6C1BEBFCFB7E12D30372E3032C0DBBEF72DB1B9BEC7BFF820B3EDB9AEC1FD20C1A63139C1FD28C0FCC3BC292E687770>

<C3D6C1BEBFCFB7E12D30372E3032C0DBBEF72DB1B9BEC7BFF820B3EDB9AEC1FD20C1A63139C1FD28C0FCC3BC292E687770> 한국음악의 세계화 전략 한국음악의 세계화 전략 - 일본의 경우 - 야마모토 하나코( 山 本 華 子 ) 1) 국문초록 일본에서는 1965년 한일국교 정상화 이후, 여러 가지 형태로 한국음악이 소개되 어 왔다. 더욱이 국교정상화 40주년을 맞이한 2005년은 한 일 우정의 해 2005 로 지정되어 전통음악 세계에서는 민간차원의 공연이 증가하면서 한일 교류연주회

More information

1. 2. 2 1. 2 2. 2 3. 3. 3 3 1. 3 2. 3 3. 4. 4 1. : 4 2. : (KSVD) 4 3. : 88 5. 36

1. 2. 2 1. 2 2. 2 3. 3. 3 3 1. 3 2. 3 3. 4. 4 1. : 4 2. : (KSVD) 4 3. : 88 5. 36 , 1965 1994: 3 1965 (Konstfackskolan). 1996. (, 2004) :, (, 2010), 20 (, 2005), :,, (, 2005), 02: (, 2008), (KDF, 2009), (, 2011), (, 2011). ( _, 2011 3 ), : ( 前 史 ) (, 102, 2012). 35 1. 2. 2 1. 2 2. 2

More information

05-08 087ÀÌÁÖÈñ.hwp

05-08 087ÀÌÁÖÈñ.hwp 산별교섭에 대한 평가 및 만족도의 영향요인 분석(이주희) ꌙ 87 노 동 정 책 연 구 2005. 제5권 제2호 pp. 87118 c 한 국 노 동 연 구 원 산별교섭에 대한 평가 및 만족도의 영향요인 분석: 보건의료노조의 사례 이주희 * 2004,,,.. 1990. : 2005 4 7, :4 7, :6 10 * (jlee@ewha.ac.kr) 88 ꌙ 노동정책연구

More information

12È«±â¼±¿Ü339~370

12È«±â¼±¿Ü339~370 http://www.kbc.go.kr/ k Si 2 i= 1 Abstract A Study on Establishment of Fair Trade Order in Terrestrial Broadcasting Ki - Sun Hong (Professor, Dept. of Journalism & Mass Communication,

More information

04-다시_고속철도61~80p

04-다시_고속철도61~80p Approach for Value Improvement to Increase High-speed Railway Speed An effective way to develop a highly competitive system is to create a new market place that can create new values. Creating tools and

More information

<BCF6BDC3323030392D31385FB0EDBCD3B5B5B7CEC8DEB0D4C5B8BFEEB5B5C0D4B1B8BBF3BFACB1B85FB1C7BFB5C0CE2E687770>

<BCF6BDC3323030392D31385FB0EDBCD3B5B5B7CEC8DEB0D4C5B8BFEEB5B5C0D4B1B8BBF3BFACB1B85FB1C7BFB5C0CE2E687770> ... 수시연구 2009-18.. 고속도로 휴게타운 도입구상 연구 A Study on the Concept of Service Town at the Expressway Service Area... 권영인 임재경 이창운... 서 문 우리나라는 경제성장과 함께 도시화가 지속적으로 진행되어 지방 지역의 인구감소와 경기의 침체가 계속되고 있습니다. 정부의 다각 적인

More information

제34호 ISSN 1598-7566 충청감사와 갑오년의 충청도 상황 신 영 우 2015. 3. 동학학회 충청감사와 갑오년의 충청도 상황 신영우* 국문초록 이 논문은 충청감사의 시각에서 갑오년을 파악하려는 목적으로 작성한 글 이다. 지금까지 군현이나 권역 단위의 사례연구는 나왔으나 도( 道 ) 단위로 살 펴본 적은 없지만 충청도는 동학농민군의 세력

More information

<BCB1B9AEC8ADBFACB1B8203135C1FD2D35B1B32E687770>

<BCB1B9AEC8ADBFACB1B8203135C1FD2D35B1B32E687770> 정책논증모형을 통해 본 조선초기 불교정책과 涵 虛 禪 師 의 顯 正 論 이원행(한양대학교 행정학박사) Ⅰ. 머리말 Ⅱ. 政 策 論 證 模 型 과 朝 鮮 初 期 儒 佛 論 爭 Ⅲ. 政 策 資 料 및 情 報 와 朝 鮮 初 期 佛 敎 政 策 1. 根 據 와 朝 鮮 初 期 排 佛 論 과 佛 敎 政 策 2. 補 强 과 性 理 學 的 政 治 理 念 Ⅳ. 反

More information

<5B335DC0B0BBF3C8BF2835B1B35FC0FAC0DAC3D6C1BEBCF6C1A4292E687770>

<5B335DC0B0BBF3C8BF2835B1B35FC0FAC0DAC3D6C1BEBCF6C1A4292E687770> 동남아시아연구 20권 2호(2010) : 73~99 한국 영화와 TV 드라마에 나타난 베트남 여성상 고찰* 1) 육 상 효** 1. 들어가는 말 한국의 영화와 TV 드라마에 아시아 여성으로 가장 많이 등장하는 인물은 베트남 여성이다. 왜 베트남 여성인가? 한국이 참전한 베트 남 전쟁 때문인가? 영화 , , 드라마 을

More information

<303720C7CFC1A4BCF86F6B2E687770>

<303720C7CFC1A4BCF86F6B2E687770> 1) < 論 文 > 라이프스타일 세분화를 통한 실버타운 수요자 분석 133 주택연구 제15권 4호 2007. 12/15(4) : 133~160 Housing Studies Review Vol. 15, No. 4 : 133~160 접수일 : 2007. 7. 9, 심사일 : 2007. 7. 16, 심사완료일 : 2007. 8. 29 라이프스타일 세분화를 통한 실버타운

More information

DBPIA-NURIMEDIA

DBPIA-NURIMEDIA 시사만화의 텍스트성 연구* 이 성 연**1) Ⅰ. 머리말 Ⅱ. 시사만화의 텍스트 구조 Ⅲ. 시사만화의 텍스트성 Ⅳ. 맺는말 요 약 본고의 분석 대상 시사만화는 2004년 노무현 대통령 탄핵 관련 사건들 인데, 시사만화의 그림 텍스트와 언어 텍스트의 구조와 그 구조를 이루는 구성 요소들이 어떻게 의사소통의 기능을 수행하며 어떤 특징이 있는가 를 살펴본

More information

<31335FB1C7B0E6C7CABFDC2E687770>

<31335FB1C7B0E6C7CABFDC2E687770> 에너지기후변화교육 4(2):203~211(2014) 203 초등학교 교과서 에너지 단원의 탐구활동과 시각자료 기능 분석 사례 연구 신명경 권경필 * 경인교육대학교 Abstract : This study aimed to analyze energy related inquiry activity and visual materials in elementary textbook.

More information

11¹ÚÇý·É

11¹ÚÇý·É Journal of Fashion Business Vol. 6, No. 5, pp.125~135(2002) The Present State of E-Business according to the Establishment Year and the Sales Approach of Dongdaemun Clothing Market Park, Hea-Ryung* and

More information

2 大 韓 政 治 學 會 報 ( 第 18 輯 1 號 ) 과의 소통부재 속에 여당과 국회도 무시한 일방적인 밀어붙이기식 국정운영을 보여주고 있다. 민주주의가 무엇인지 다양하게 논의될 수 있지만, 민주주의 운영에 필요한 최소한의 제도적 조건은 권력 행사에서 국가기관 사이의

2 大 韓 政 治 學 會 報 ( 第 18 輯 1 號 ) 과의 소통부재 속에 여당과 국회도 무시한 일방적인 밀어붙이기식 국정운영을 보여주고 있다. 민주주의가 무엇인지 다양하게 논의될 수 있지만, 민주주의 운영에 필요한 최소한의 제도적 조건은 권력 행사에서 국가기관 사이의 대한정치학회보 18집 1호, 2010년 6월:49~74 노무현 대통령과 이명박 대통령의 지도력과 국정운영 비교 : 임기 초 지도력 특성과 국민지지 * 1) 이 강 로 전주대학교 요 약 한국에서 민주주의가 뿌리를 내리기 위해서는 대통령의 지도력 행사에 제도만이 아 니라 여론과 같은 외부적 요인을 통해 체계적으로 견제할 수 있어야 한다. 대통령의 지도력 특성을

More information

?? 1990년대 중반부터 일부 지방에서 자체적인 정책 혁신 을 통해 시도된 대학생촌관 정책은 그 효과에 비자발적 확산 + 대한 긍정적 평가에 힘입어 조금씩 다른 지역으로 수평적 확산이 이루어졌다. 이? + 지방 A 지방 B 비자발적 확산 중앙 중앙정부 정부 비자발적

?? 1990년대 중반부터 일부 지방에서 자체적인 정책 혁신 을 통해 시도된 대학생촌관 정책은 그 효과에 비자발적 확산 + 대한 긍정적 평가에 힘입어 조금씩 다른 지역으로 수평적 확산이 이루어졌다. 이? + 지방 A 지방 B 비자발적 확산 중앙 중앙정부 정부 비자발적 제1장 정책의 혁신과 확산, 그리고 변형 중국 대학생촌관( 村 官 ) 정책 사례를 중심으로 Policy Innovation, Diffusion and Transformation The case of the College-graduate as Village Official Plan in China 유은하 한신대학교 유라시아연구소 학술연구교수 ?? 1990년대

More information

<C7F6B4EBBACFC7D1BFACB1B828323031335F3136B1C72032C8A3292E687770>

<C7F6B4EBBACFC7D1BFACB1B828323031335F3136B1C72032C8A3292E687770> 현대북한연구, 16권 2호(2013), C 2013 북한대학원대학교 북한미시연구소, pp.251~280. 북한 연구의 미시적 접근과 남북 접촉지대 연구*38) 마음체계 통합 연구를 위한 시론 윤철기(북한대학원대학교) 양문수(북한대학원대학교) 남북한은 두 체제로 나뉘어 독자적으로 존재해왔지만 동시에 끊임없이 상호작용해왔다. 남북한의 상호작용은 사회구조에서 일상의

More information

..................

.................. ptical & Mechanical Characteristics of Lining Papers Oby the Artificial Heat Ageing Treatment 1 1 This study was carried out to investigate the effect of artificial accelerated ageing treatment on the

More information

<31382D322D3420BDC5B1D4C8AF5FB3EDB9AE28C3D6C1BEBABB292E687770>

<31382D322D3420BDC5B1D4C8AF5FB3EDB9AE28C3D6C1BEBABB292E687770> 醫 史 學 제18권 제2호(통권 제35호) 2009년 12월 Korean J Med Hist 18ː57 72 18ː173-188 Dec. Dec. 2009 2009 C 大 韓 醫 史 學 會 ISSN ISSN 1225 505X 1225-505X 지방병 연구와 식민지배 : 1927년 영흥 및 해남지역 에메틴 중독사건을 중심으로 신 규 환* 1. 머리말 2. 일제의

More information

DBPIA-NURIMEDIA

DBPIA-NURIMEDIA 27(2), 2007, 96-121 S ij k i POP j a i SEXR j i AGER j i BEDDAT j ij i j S ij S ij POP j SEXR j AGER j BEDDAT j k i a i i i L ij = S ij - S ij ---------- S ij S ij = k i POP j a i SEXR j i AGER j i BEDDAT

More information

목 차 1. 서론 1.1. 문제 제기 및 연구 목적 1.2. 연구 대상 및 연구 방법 2. 교양 다큐 프로그램 이해 3. 롤랑바르트 신화론에 대한 이해 3.1. 기호학과 그 에 대하여 3.2. 롤랑바르트 신화 이론 고찰 4. 분석 내용 4.1. 세계테마기행 에 대한 기

목 차 1. 서론 1.1. 문제 제기 및 연구 목적 1.2. 연구 대상 및 연구 방법 2. 교양 다큐 프로그램 이해 3. 롤랑바르트 신화론에 대한 이해 3.1. 기호학과 그 에 대하여 3.2. 롤랑바르트 신화 이론 고찰 4. 분석 내용 4.1. 세계테마기행 에 대한 기 교양 다큐 프로그램 타이틀과 심벌 로고에 대한 기호학적 연구 Study on Semiotic Approach to Title & Symbollogo in Culture Documentaries TV Program 주저자 민 신 기 Min Shin-ki 백석대학교 디자인영상학부 조교수 Professor of Baekseok University skmin@bu.ac.kr

More information

<B3EDB9AEC1FD5F3235C1FD2E687770>

<B3EDB9AEC1FD5F3235C1FD2E687770> 경상북도 자연태음악의 소박집합, 장단유형, 전단후장 경상북도 자연태음악의 소박집합, 장단유형, 전단후장 - 전통 동요 및 부녀요를 중심으로 - 이 보 형 1) * 한국의 자연태 음악 특성 가운데 보편적인 특성은 대충 밝혀졌지만 소박집합에 의한 장단주기 박자유형, 장단유형, 같은 층위 전후 구성성분의 시가( 時 價 )형태 등 은 밝혀지지 않았으므로

More information

Microsoft Word - 001.doc

Microsoft Word - 001.doc 工 學 碩 士 學 位 請 求 論 文 비계 구조와 프리패브 유닛을 사용한 현존하는 건물의 기능적 입면 부가에 관한 연구 A Study on Additional Occupy-able Facade to the Existing Buildings by Using Scaffolding Structure and Prefabricated Units 28 年 7 月 仁 荷

More information

삼교-1-4.hwp

삼교-1-4.hwp 5 19대 총선 후보 공천의 과정과 결과, 그리고 쟁점: 새누리당과 민주통합당을 중심으로* 윤종빈 명지대학교 논문요약 이 글은 19대 총선의 공천의 제도, 과정, 그리고 결과를 분석한다. 이론적 검증보다는 공천 과정의 설명과 쟁점의 발굴에 중점을 둔다. 4 11 총선에서 새누리당과 민주통합당의 공천은 기대와 달랐고 그 특징은 다음과 같이 요약될 수 있다. 첫째,

More information